[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、「体が悲鳴」から一夜明け… 和やかムードで運命の第3戦へ最終調整

大坂なおみ、「体が悲鳴」から一夜明け… 和やかムードで運命の第3戦へ最終調整

女子テニスの世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)は25日、ツアー最終戦・WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)の1次リーグ第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ)戦を翌日に控え、試合会場で約1時間、前日練習を行った。前日の試合で左足を気にするそぶりを見せ、満身創痍であることを明かしていたが、この日は吹っ切れた様子で終始和やかムードだった。

WTAファイナル第3戦に向けて練習する大坂【写真:小林 靖】
WTAファイナル第3戦に向けて練習する大坂【写真:小林 靖】

勝利が絶対条件のベルテンス戦へ向け、約1時間の前日練習

 女子テニスの世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)は25日、ツアー最終戦・WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)の1次リーグ第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ)戦を翌日に控え、試合会場で約1時間、前日練習を行った。前日の試合で左足を気にするそぶりを見せ、満身創痍であることを明かしていたが、この日は吹っ切れた様子で終始和やかムードだった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 激闘から一夜明け、ナオミスマイルが戻ってきた。入念にストレッチを施していた大坂は、左足を気にするそぶりを見せることもなく、サーシャ・バインコーチらと時折、談笑。明るい雰囲気で約1時間、汗を流した。

 前日のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)戦は2戦連続2時間超の死闘でフルセット負け。試合中には左太もも裏に違和感を感じている様子だった。シーズン最終盤とあって満身創痍。試合後の会見では「痛いとは言わないけど、あまり良い感じはしない。「シーズンの終わりなので体が悲鳴を上げている。『何でまだプレーしているの?』と聞いてくる」と明かしていた。

 それでも、逆転突破を果たすためにはベルテンス戦に勝つことが絶対条件。あとはセット率などの争いとなる。「この大会に出れるのは名誉なことなので最後の最後までやる」と語っていた大坂が過去2戦を吹っ切り、大一番に挑む。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー