[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「不思議な」90H連続ノーボギーで2打差2位 “違い”を見せた尾関彩美悠の2週間ぶりV争い

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディース最終日は28日、千葉・浜野GC(6669ヤード、パー72)で行われた。首位で出たツアー通算1勝の20歳・尾関彩美悠(あみゆ・JFEスチール)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算17アンダーの2位。今季2度目の最終日最終組だが、6ボギーで乱れた前回とは異なり、最後までくらいつくガッツを見せた。25歳の天本ハルカが19アンダーでツアー初優勝。

パナソニックオープンレディース、通算17アンダーで2位だった尾関彩美悠【写真:Getty Images】
パナソニックオープンレディース、通算17アンダーで2位だった尾関彩美悠【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディース最終日は28日、千葉・浜野GC(6669ヤード、パー72)で行われた。首位で出たツアー通算1勝の20歳・尾関彩美悠(あみゆ・JFEスチール)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算17アンダーの2位。今季2度目の最終日最終組だが、6ボギーで乱れた前回とは異なり、最後までくらいつくガッツを見せた。25歳の天本ハルカが19アンダーでツアー初優勝。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 決して諦めなかった。尾関は7番までパープレー。8番で1つ目のバーディーを奪った。9番パー5の第3打は、グリーン左手前からのバンカーショットを1メートル半につけて連続バーディー。「あれは良いバンカーショットだった」と振り返った。

 後半に望みを繋ぐと、15、16番もバーディー。単独首位の天本に1打差に迫った。一時は5連続バーディーで4打差に離されていたが、「そういうことは考えずにプレーしていました」と自分の一打に集中。だが、チャンスだった17番でバーディーを奪えず。スコア提出後は、正直に「悔しいです」と吐露した。

 最終日最終組は今季2度目。2位で出た2週前のKKT杯バンテリンレディスでは、6ボギーを叩いた。18位の大崩れ。しかし、今大会は最後まで安定する“違い”を見せた。3日間でボギーはなく、1位で出場権を獲得した全米女子オープン予選会を含めると、90ホール連続ボギーなし。「それはちょっと不思議な感じです」と頭をかいた。

 2021年度の最終プロテストにトップ合格し、ルーキーイヤーの22年9月にツアー初優勝。今季は9戦3度のトップ10入りでメルセデス・ランクは16位につける。次戦は今季国内メジャー第1戦・ワールドレディスサロンパス杯。「好きなコースで優勝したい大会の一つです。また優勝争いしたいです」と思いを込めた。リベンジを期し、さっそく29日から会場の茨城GC東Cに入る。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集