[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長打量産・大谷翔平は「一塁走者も得点圏」 敵地実況席が指摘「274m飛ばすスイングだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発し、5打数1安打1打点で4-2の6連勝に貢献した。2回の第2打席では、時速119.2マイル(約191.8キロ)の爆速打球で右前適時打。一時は得点圏打率が0割台などを指摘されていたが、現在は同.182(33打数6安打)まで上げてきた。しかし、敵地実況席は得点圏打率の概念を破壊する打者だと伝えている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平の長打力に敵地実況席も注目

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発し、5打数1安打1打点で4-2の6連勝に貢献した。2回の第2打席では、時速119.2マイル(約191.8キロ)の爆速打球で右前適時打。一時は得点圏打率が0割台などを指摘されていたが、現在は同.182(33打数6安打)まで上げてきた。しかし、敵地実況席は得点圏打率の概念を破壊する打者だと伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷は2回2死一、三塁で菊池雄星の5球目、内角直球を捉えた。打球は一瞬で右前へ。今季メジャー&自己最速となる爆速打だった。

 この打席中、現地で中継したカナダ放送局「スポーツネット」の実況席は大谷の得点圏打率に触れていた。実況のダン・シュルマン氏は「オオタニが打者の時は一塁走者も得点圏ですね」と指摘。解説のバック・マルティネス氏も「日本でプレーしていた時、彼は東京ドームの天井に打ち込んだことがあります。ダリル・ストロベリーのようなパワーです」と続いた。

 1980、90年代にメッツ、ドジャースなどで通算335本塁打を放った大打者となぞらえて称賛。シュルマン氏は「とんでもないパワーを持った大男。信じられないバットスピードの持ち主です。全てを900フィート(約274.3メートル)飛ばそうというスイングをしています」とジョークまじりに称賛した。

 大谷にとってブルージェイズは昨オフに移籍先の最終候補に挙がり、ドジャース入り発表間近にトロント入りの“誤報”まで流れた相手。打席に立つたびにブーイングが響いた中、長打を量産している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集