[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ史上初の快挙を逃しても堂々 竹田麗央が圧巻65の5位「やり切った。悔いなくできた」

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディース最終日は28日、千葉・浜野GC(6669ヤード、パー72)で行われた。首位と4打差の14位で出た21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)は1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーの5位。ツアー史上初の初優勝からの3週連続優勝は逃したが、前日に掲げた「7アンダー」の目標は達成し、「やり切りました」と納得の表情を見せた。25歳の天本ハルカが19アンダーでツアー初優勝。

パナソニックオープンレディース、通算16アンダーで5位の竹田麗央【写真:Getty Images】
パナソニックオープンレディース、通算16アンダーで5位の竹田麗央【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディース最終日は28日、千葉・浜野GC(6669ヤード、パー72)で行われた。首位と4打差の14位で出た21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)は1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーの5位。ツアー史上初の初優勝からの3週連続優勝は逃したが、前日に掲げた「7アンダー」の目標は達成し、「やり切りました」と納得の表情を見せた。25歳の天本ハルカが19アンダーでツアー初優勝。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 快挙を予感させるゴルフだった。4打差を追った1番パー4。竹田はいきなり6メートルのバーディーパットを沈めた。2番は3メートルを沈めて連続バーディー。5番でさらにスコアを伸ばすと、首位を走る天本に1打差に迫った。

 ギャラリーの期待が高まる中、14番で痛恨の3パットでボギー。だが、15番パー5で50ヤードの第3打をカップインさせる起死回生のイーグルを奪った。普段はクールにプレーするタイプだが、この時ばかりは笑顔が弾けた。17番パー5でも1つ伸ばし、前日に掲げた「7アンダー」の目標を達成。天本には2打届かなかったが、大いに会場を沸かせた。

「(25位の)初日はもったいなかったですが、2日目、3日目はやり切りました。(優勝は)前半で2打差にいればチャンスはあると思ったんですけど、トップの人も伸びていて、途中ボギーも打ってしまったので、難しいかなという感じです。3週連続目指していたので、届かなかったんですけど、3日間悔いなくプレーできたので、そこは良かったと思います」

 この日、56回目の誕生日だった元プロゴルファーの母・哲子さんを快挙で祝うことはできなかったが、今大会を終えてメルセデス・ランク(846.16ポイント)、賞金ランク(5572万円)、平均ストローク(69.3267)とも1位。「今年初のメジャーなので、メジャー優勝してみたい気持ちもあるので頑張りたいです」。成長著しい21歳は、この勢いで次週の国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯に向かう。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集