[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャンボ尾崎の助言で「100点満点」 12年ぶりVへ、34歳・木戸愛が2位発進で漂わせる復調気配

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは26日、千葉・浜野ゴルフクラブ(6669ヤード、パー72)で開幕し、1イーグル、6バーディー、ノーボギーの64で回ったツアー通算1勝の木戸愛が8アンダーで2位発進した。今オフから“ジャンボ尾崎”に師事する34歳。「チャレンジャーなんだから積極的に」という助言を胸に、首位と1打差の好スタートを切った。

8アンダーで2位発進した木戸愛【写真:Getty Images】
8アンダーで2位発進した木戸愛【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディースが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは26日、千葉・浜野ゴルフクラブ(6669ヤード、パー72)で開幕し、1イーグル、6バーディー、ノーボギーの64で回ったツアー通算1勝の木戸愛が8アンダーで2位発進した。今オフから“ジャンボ尾崎”に師事する34歳。「チャレンジャーなんだから積極的に」という助言を胸に、首位と1打差の好スタートを切った。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 師匠の言葉を体現した。前半10番パー4。木戸は149ヤードから放った第2打を4メートルに寄せた。しっかり沈めてバーディー発進。さらに3つ、後半も2つ伸ばした。見せ場は最終18番パー5。205ヤードから第2打を3メートルに付けてイーグル。「ショットもパットも良いリズムでできた。100点満点」と胸を張った。

 今オフから“ジャンボ尾崎”こと尾崎将司に指導を受けている。2012年に初優勝を挙げて以降は勝利から遠ざかり、19年にはシード権も喪失した木戸。「チャレンジャーなんだから積極的に」と助言を受けた。その言葉を胸に刻んでプレー。「振ることを大切にしていて距離も伸びた。良い方向に向かっている」と表情は明るい。

 今季は8戦中4戦予選落ちと苦戦しているが、前週は今季最高の18位と上り調子だ。今大会はジャンボ尾崎の息子・智春氏が初めてキャディーを務め、ラウンド中にも後押しを受けた。

 昨年12月には元プロレスラーの父・修さんが亡くなった。だからこそ、思いは強い。

「強い気持ちで頑張りたい」

 12年ぶりの優勝へ、首位とは1打差と復調気配。昨季は4位で「ホールロケーションが好き」と話すお気に入りのコース。確かな手応えを胸に攻めのゴルフを貫く。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集