[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

父が「大谷の話を止めないんだ…」 眠りから覚めても興奮、ワシントン生観戦の衝撃を米記者紹介

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)に放った6号ソロが衝撃を与えている。初見参となったワシントンD.C.でのナショナルズ戦。9回の第5打席で右翼席に特大弾を叩き込み、4-1の勝利に貢献した。米コラムニストは、生観戦したという身内の冷めない興奮ぶりを伝えている。

ナショナルズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ナショナルズ戦で今季6号ソロ

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)に放った6号ソロが衝撃を与えている。初見参となったワシントンD.C.でのナショナルズ戦。9回の第5打席で右翼席に特大弾を叩き込み、4-1の勝利に貢献した。米コラムニストは、生観戦したという身内の冷めない興奮ぶりを伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 誰もが度肝を抜かれる一発だった。3-1とリードして迎えた9回の第5打席。カウント1-0から右腕マット・バーンズの2球目、甘く入ったスプリットを強振すると、打球はあっという間に右翼2階席に突き刺さった。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。右翼手のロサリオはその場で立ち尽くし、内野手4人もまったく動かないほどの衝撃アーチだった。

 生で見届けた観客に与えたインパクトは大きかったようだ。米スポーツ専門局「ESPN」のコラムニスト、クリントン・イェーツ氏は米国東部時間の24日午前10時56分、自身のXを更新。「私の父は昨夜、オオタニのホームランをナショナルズ・パークで見た(彼はシーズンチケット保持者)。それ以降、それについて話すのを止めないんだ」と記した。一夜明けても興奮を抑えきれないようだ。

 試合後、カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」のインタビューに応じたジェームズ・アウトマン外野手も、自ら「ショウヘイのホームランの話をしてもいい?」と切り出し、「あれは常識はずれだった。あんなの見たことないよ」と驚嘆するほどだった。観客も同僚も、大谷の衝撃を語りたくてうずうずしていたようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集