[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過で奇行乱発ボクサーに苦言「痛みを抱えたガキ」 世界的興行主もお手上げ「狂ってるよ」

ボクシングのWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ12回戦が20日(日本時間21日)、米ニューヨークで行われる。19日(同20日)の前日計量では、元WBC世界ライト級暫定王者の挑戦者ライアン・ガルシア(米国)がリミット140ポンド(63.50キロ)を3.2ポンド(約1.45キロ)も上回る体重超過。さらにビールをがぶ飲みする奇行を見せ、興行主は「痛みを抱えたガキ」「試合中に噛みつくかもね」と苦言を呈した。

計量に姿を現したライアン・ガルシア【写真:Getty Images】
計量に姿を現したライアン・ガルシア【写真:Getty Images】

ガルシアが前日計量で体重超過&ビールがぶ飲み

 ボクシングのWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ12回戦が20日(日本時間21日)、米ニューヨークで行われる。19日(同20日)の前日計量では、元WBC世界ライト級暫定王者の挑戦者ライアン・ガルシア(米国)がリミット140ポンド(63.50キロ)を3.2ポンド(約1.45キロ)も上回る体重超過。さらにビールをがぶ飲みする奇行を見せ、興行主は「痛みを抱えたガキ」「試合中に噛みつくかもね」と苦言を呈した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 まさかの行動だった。25歳のガルシアはビール瓶を片手に登場。ステージ上で上着を脱ぐと、中身をがぶ飲みした。吠えながら肉体美をアピール。相手の王者デビン・ヘイニー(米国)とのフェイスオフでは罵り合い、一触即発の状態だった。その後は突然ダンスを披露。やりたい放題だった。計量結果はヘイニーがリミットでパスした一方、ガルシアが約1.45キロ超過していた。

 興行を盛り上げるためかもしれないが、暴れ回った有望株。英興行大手・マッチルーム社のエディー・ハーンプロモーターは懸念を示した。英専門メディア「ボックス・ネーション」のYouTubeチャンネルが「ライアン・ガルシアが計量で減量に失敗し、集団乱闘をしたことに対するエディー・ハーンの燃えるようなリアクション」と題した動画内でこう語っている。

「最初から狂ってるよ。明日の夜は予想もつかないことを予想しないと。何かが起こるよ。このインタビューを覚えておいて。それが何かはわからない。ライアンが更衣室から出てこないかもしれない。精神の錯乱状態で出てきて、デビンを傷つけるかもしれない。デビンに噛みつくかもしれない。試合中にリングを離れるかもしれない」

 さらに「彼は危険なことになるよ。メンタルの状態にかかわらず、彼の持っている性格はそのままだ。痛みを抱えたガキが見えるね。正直に言うと、どうやったら彼の周囲の人たちが彼の行動を見つつ、居心地悪くならないのがわからない」と辛辣だった。世界的プロモーターもお手上げのようだ。

 海外メディアによると、試合は両陣営合意の上で行われる。ガルシアは当日計量もなし。勝っても王座奪取にはならず、ヘイニーが負ければ王座は空位となるという。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集