[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10人の日本から無得点、中国代表の無策ぶりに母国落胆「値段交渉するおばさんの方が積極的だ」

今年のパリ五輪のアジア予選を兼ねたU-23アジアカップが現地16日にカタール・ドーハで開幕し、1次リーグB組の日本は初戦で中国に1-0で勝ち、白星発進した。前半早々にDF西尾隆矢(C大阪)が一発退場となり、数的不利を強いられる展開。それでも日本の牙城を崩せなかったことに中国ファンからは「本当に酷かった」「市場で卵の値段の交渉しているおばさんの方が選手よりもずっと積極的」など、落胆の声が上がっている。

U-23アジアカップ、初戦で日本に敗れた中国代表【写真:Getty Images】
U-23アジアカップ、初戦で日本に敗れた中国代表【写真:Getty Images】

パリ五輪予選を兼ねたU-23アジアカップ

 今年のパリ五輪のアジア予選を兼ねたU-23アジアカップが現地16日にカタール・ドーハで開幕し、1次リーグB組の日本は初戦で中国に1-0で勝ち、白星発進した。前半早々にDF西尾隆矢(C大阪)が一発退場となり、数的不利を強いられる展開。それでも日本の牙城を崩せなかったことに中国ファンからは「本当に酷かった」「市場で卵の値段の交渉しているおばさんの方が選手よりもずっと積極的」など、落胆の声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 試合は前半の早い時間から目まぐるしく動いた。8分にMF山田楓喜(東京V)の右クロスにMF松木玖生(FC東京)が技ありのボレーシュートを決めて先制。だが同17分、西尾の相手選手への肘打ちが一発レッドとなり、退場となった。残り70分以上も数的不利となった日本を追い詰めようと、中国は攻勢に転じたが、前半42分のヘディングシュートをGK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)にセーブされ、後半開始早々にGKと1対1のチャンスも止められた。

 数的有利を生かせなかったことについて、中国紙「上観新聞」は「11人対10人でも勝てない? U-23アジアカップで中国が0-1で日本に敗れる 日本がレッドカードで1人少なくなった機会を生かせず」との見出しで記事を掲載。本文では「17分には西尾がジャ・フェイファンに肘打ちをしてレッドカードで退場となり、人数の面で優位となった中国も次第に攻勢を強めたが……。1点ビハインドのまま終わった」と展開を記した。

 同紙は試合後の成耀東監督のコメントを紹介。「日本チームが我々よりはるかに強いため、通常の状態では反撃を中心に据えた。相手が1点先取したあとも、相手が優位にあるため、もとの計画通りで、我々にはあまり大きな変化はなかった。相手がレッドカードで1人少なくなった後、我々は陣形を少し前に移し、チャンスも何度も作ることができたが、残念なことにそのチャンスを生かすことができなかった」と語った。

 一方で「全体的に見て、今回の試合は激しく、比較的いい試合だったと思う。中国チームについては、全体的に比較的満足している」とやや楽観的な見方も示した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集