[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

378億円男レンドン、遂に今季初タイムリー 出場16戦目、続く1番起用で不振吹き飛ばす勝ち越し打

米大リーグ、エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が、17日(日本時間18日)に敵地で行われたレイズ戦で今季初の適時打を記録した。出場16試合目で初めて。

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】
エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】

今季序盤は打率1割を切る大不振

 米大リーグ、エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が、17日(日本時間18日)に敵地で行われたレイズ戦で今季初の適時打を記録した。出場16試合目で初めて。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 レンドンは1-1の同点で迎えた5回1死二塁から、レイズ先発右腕リッテルの高め直球をレフトへ運んだ。今季の打点は14日(日本時間15日)のレッドソックス戦の9回に犠飛で挙げたものが唯一で、初の適時打となった。

 レンドンは2019年オフにナショナルズからFAとなり、エンゼルスと7年総額2億4500万ドル(約378億円)の巨大契約を結び今季が5年目。毎年のように故障に泣き、エンゼルスでの最多出場は2021年の58試合。昨季も43試合で打率.236、2本塁打に終わっていた。

 今季は開幕から主に1番打者として起用され、4月上旬までは1割を切る低打率に悩まされていたものの、16日(同17日)までに打率を.242まで上げていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集