[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙のKO防衛からまた成長した井上拓真 ジャブVSジャブに自信の陣営「負けない」「全て上回る」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上拓真(大橋)が11日、5月6日に東京Dで行われる同級1位・石田匠(井岡)との2度目の防衛戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。兄の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。父・真吾トレーナーと歴代のトップ選手の動画を研究し、二人三脚で臨む。戦績は28歳の拓真が19勝(5KO)1敗、32歳の石田が34勝(17KO)3敗。

所属ジムで練習を公開した井上拓真【写真:浜田洋平】
所属ジムで練習を公開した井上拓真【写真:浜田洋平】

井上拓真が練習公開

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上拓真(大橋)が11日、5月6日に東京Dで行われる同級1位・石田匠(井岡)との2度目の防衛戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。兄の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。父・真吾トレーナーと歴代のトップ選手の動画を研究し、二人三脚で臨む。戦績は28歳の拓真が19勝(5KO)1敗、32歳の石田が34勝(17KO)3敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 涙のKO防衛から1か月半、拓真はさらに成長した。前戦2月24日の初防衛戦では世界戦初のメインイベントを務め、同級9位ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に9回44秒KO勝ち。わずか2か月強の試合間隔のためここまでスパーリングは30回と少ないが、「目指しているところは全然上。自分をより強くするために修正している」と研鑽に励む。

 伸びたのはジャブ。父・真吾トレーナーは証言した。

「石田選手はジャブがいいとみんな思っていると思いますが、拓真も伸びています。刺し合いで負けないと思う。刺し合いで負けなければ、全てかみ合っていきます。今まで相手がバチっと来てから返していたけど、積極的に自分からいける。それなら(ボクシングの)幅もできるし、いろんな面に生きる。相手に合わせるのもいいけど、物足りない部分もあった」

 身長163センチの拓真は、自身より10センチ高い石田について「教科書通りの正統派。注意するところはジャブですが、中間距離でもジャブで圧倒したい」と上回る構え。陣営の大橋秀行会長も「石田選手も距離を取る選手だが、拓真も力を発揮できる距離。全てで上回れる。『最後の挑戦』と思ってくるはずなので油断できないけど、拓真が全て上回る。右ストレートもいいけど、拓真のスピードが上回る」と大きな自信を見せた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集