[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー初勝利の山本由伸、敵将はお手上げ「本当にタフな球」 2度の満塁も無得点「対戦は難題」

米大リーグ、ドジャースの山本由伸投手は6日(日本時間7日)、シカゴで行われたカブス戦で今季3試合目の先発マウンドに立ち、5回を3安打無失点で大リーグ初勝利を挙げた。序盤には2イニング続けて満塁のピンチを背負いながら、渡米後の自己最多となる8奪三振を記録する“怪投”に、カブスのクレイグ・カウンセル監督が称賛の声を上げている。

メジャー初勝利を挙げたドジャース・山本由伸【写真:Getty Images】
メジャー初勝利を挙げたドジャース・山本由伸【写真:Getty Images】

2度の満塁背負うも5回3安打無失点…立ち直った技術を絶賛

 米大リーグ、ドジャースの山本由伸投手は6日(日本時間7日)、シカゴで行われたカブス戦で今季3試合目の先発マウンドに立ち、5回を3安打無失点で大リーグ初勝利を挙げた。序盤には2イニング続けて満塁のピンチを背負いながら、渡米後の自己最多となる8奪三振を記録する“怪投”に、カブスのクレイグ・カウンセル監督が称賛の声を上げている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 山本は初回、先頭から2本の安打と四球で無死満塁のピンチを背負ったが、そこから3者連続三振で切り抜けた。2回も2死満塁から、べリンジャーを空振り三振に仕留め無失点。3回以降はカーブを中心の投球で立ち直り、走者を出さずにイニングを重ねた。

 カウンセル監督は試合後、米イリノイ州地元局「マーキースポーツ・ネットワーク」の番組で山本の投球について称賛の言葉を並べた。

「彼は本当にいい投球をしていた。モレルに対していい変化球を投げていたし、ダンスビー(スワンソン)やブッシュに対して(ストライクゾーンの)ギリギリいっぱいをついてきた。彼を称えなくてはならない。本当にタフな球を投げていた」と、制球力に脱帽した様子だ。

 さらに「優れたオフスピードピッチがあり、全てが揃っている。優れた球種が4つもあるんだ。彼と対戦するのは間違いなく難題になるよ。最初の2イニングは彼にプレッシャーを与えることができたが、残念ながら突破することはできなかった。彼はリズムをつかんでしまった」とし、多くの球種の中からその日使えるボールをかぎわけ、イニングを重ねていく能力を称えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集