[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー初勝利の山本由伸は“492億円契約”の「期待通り」 同僚が感嘆「もっと期待できる」

米大リーグ、ドジャースの山本由伸投手は6日(日本時間7日)、敵地シカゴで行われたカブス戦で今季3試合目の先発マウンドに立ち、5回を3安打無失点で大リーグ初勝利を挙げた。序盤には2イニング続けて満塁のピンチを背負いながら、渡米後の自己最多となる8奪三振を記録する“怪投”に、同僚からも称賛の声が上がった。

メジャー初勝利を挙げたドジャース・山本由伸【写真:ロイター】
メジャー初勝利を挙げたドジャース・山本由伸【写真:ロイター】

2度の満塁背負いながらも5回無失点…韓国での5失点KOとは別人

 米大リーグ、ドジャースの山本由伸投手は6日(日本時間7日)、敵地シカゴで行われたカブス戦で今季3試合目の先発マウンドに立ち、5回を3安打無失点で大リーグ初勝利を挙げた。序盤には2イニング続けて満塁のピンチを背負いながら、渡米後の自己最多となる8奪三振を記録する“怪投”に、同僚からも称賛の声が上がった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 山本は初回、先頭のイアン・ハップに二塁打を許し、さらに鈴木誠也との日本人対決も2ストライクと追い込んでから四球を与えた。更にコディ・ベリンジャーの内野安打で無死満塁のピンチを背負ったが、そこから3者連続三振で切り抜けた。2回も2死満塁から、べリンジャーを空振り三振に仕留め無失点。3回以降はカーブを中心の投球で立ち直り、走者を出さずにイニングを重ねた。

 この投球に驚きの声を上げたのが、ドジャースの三塁を守ったマックス・マンシーだ。カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の試合後番組に出演し、1回5失点で降板した韓国でのメジャー初登板からの変化について語っている。

「彼はとてもいいよ。期待していた通りだ。彼が得たあれだけの契約から期待していたことだね。見ていてとても楽しい。初回はベストな投球ではなかったが、そこから持ち直した。刺激的だったよ」とし、12年総額3億2500万ドル(約492億円)の投手史上最高契約にも十分見合ったパフォーマンスだとしている。

 さらに「オープン戦の最後の2登板と、韓国での登板は本来の彼の投球じゃなかった。彼の自分の仕事に向かう行動を見ていれば、それが本来の彼じゃないのは見て取れた。ここ2回の登板は見ていてとても楽しいし、これからもっと期待できると思うよ」と今後の上昇を予言している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集