[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「81試合無安打でも29億円を稼いだ」 打率.043レンドン、今季初安打でも米メディア皮肉

米大リーグ・エンゼルスは5日(日本時間6日)、レッドソックスとの本拠地開幕戦を迎え、「1番・三塁」で先発したアンソニー・レンドン内野手が今季24打席目でついに初安打を放った。米メディアは動画付きで速報。客席はまるで優勝したかのような盛り上がりだったが、米メディアは「エンゼルスは81試合連続でレンドンのヒットなしだったが、その間に1900万ドル(約28億8000万円)以上を稼いだ」と皮肉っている。

今季24打席目で初安打を放ったエンゼルスのレンドン【写真:Getty Images】
今季24打席目で初安打を放ったエンゼルスのレンドン【写真:Getty Images】

レンドンが開幕24打席目で今季初安打

 米大リーグ・エンゼルスは5日(日本時間6日)、レッドソックスとの本拠地開幕戦を迎え、「1番・三塁」で先発したアンソニー・レンドン内野手が今季24打席目でついに初安打を放った。米メディアは動画付きで速報。客席はまるで優勝したかのような盛り上がりだったが、米メディアは「エンゼルスは81試合連続でレンドンのヒットなしだったが、その間に1900万ドル(約28億8000万円)以上を稼いだ」と皮肉っている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 レンドンが大歓声を巻き起こした。オホッピーの満塁弾で5-5に追いついた6回、なおも2死走者なし。真ん中付近の速球にどん詰まりだった。打球は三塁前に絵にかいたようなボテボテのゴロ。懸命に一塁を駆け抜け、内野安打をもぎ取った。本拠地はスタンディングオベーションの大歓声。この時点で打率.045、OPS.170とし、本人は一塁でほんの少し微笑んだ。

 客席だけでなく、X上の日本人ファンも沸いていたが、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」はXで指摘。「7月3日以来のヒット!!!」としつつ、「エンゼルスは81試合連続でレンドンのヒットなしだったが、その間に彼は1900万ドル(約28億8000万円)以上を稼いだ」と皮肉った。

 実際には欠場期間も含まれる試合数だが、米ファンからは「おいおい、ほぼ半シーズンじゃないか」「ああ、野球選手はもらいすぎだな」とコメントが寄せられた。

 33歳のレンドンは19年にナショナルズで打点王(126打点)に輝いた。しかし、2020年から7年2億4500万ドル(約362億6000万円)の契約でエンゼルス入りしたものの、毎年のように怪我による欠場を繰り返し、4年間の出場はたった200試合。しかも、今オフは「試合が多すぎる」「野球は仕事」「最優先事項ではない」「朝7時に君たち(報道陣)と話したくない」と発言し、物議を呼んでいた。

 この日は4打数1安打1四球で打率.043。なお、エンゼルスは6-8で敗れた。一方、「4番・DH」で先発したレッドソックスの吉田正尚外野手は5打数1安打だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集