[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一人で2勝早田ひなに脱帽、苦しめた19歳・横井咲桜「やりたいことを消された。相手の格が上」【卓球Tリーグファイナル】

卓球・ノジマTリーグの年間優勝を争うプレーオフ女子準決勝が23日、東京・代々木第二体育館で行われ、今季レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが同3位の日本ペイントマレッツを3-2で下した。パリ五輪代表の早田ひなは貫禄の2勝で決勝進出に貢献。24日の決勝は木下アビエル神奈川と対戦する。早田を苦しめながら2敗した19歳の横井咲桜、大嶋由美監督は勝者を称えた。観衆は1680人。

横井咲桜と対戦した早田ひな【写真:徳原隆元】
横井咲桜と対戦した早田ひな【写真:徳原隆元】

ノジマTリーグプレーオフ

 卓球・ノジマTリーグの年間優勝を争うプレーオフ女子準決勝が23日、東京・代々木第二体育館で行われ、今季レギュラーシーズン2位の日本生命レッドエルフが同3位の日本ペイントマレッツを3-2で下した。パリ五輪代表の早田ひなは貫禄の2勝で決勝進出に貢献。24日の決勝は木下アビエル神奈川と対戦する。早田を苦しめながら2敗した19歳の横井咲桜、大嶋由美監督は勝者を称えた。観衆は1680人。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 第1試合のダブルス(2ゲーム先取)は、日本生命がソン・メイヨウ&ソン・イジェンの中国人ペア、日本ペイントが橋本帆乃香&佐藤瞳のカットマン2人を送り出した。日本ペイントが2-0で先勝すると、シングルス(3G先取)の第2試合は、日本生命の19歳・赤江夏星が橋本に3-2の粘り勝ち。第3試合に登場した日本人トップの世界ランク6位を誇る23歳の早田は、昨年12月に1Gマッチで敗れた19歳の横井に3-1で勝利した。

 第4試合で中国のハン・シキが大藤沙月にストレート負けし、勝負は1Gマッチの第5試合へ。早田がまたも横井と対戦し、一時は3-6とビハインドを背負ったが、自慢の強打などで6-6に追いついた。攻め続けて7-6と逆転。最後は11-9で獲り切り、一人で2勝を挙げる強さを見せた。

 早田に2敗した横井は「強い選手なので思い切ってやるだけだと思って準備していた」と第3試合から強気を貫いたが、1G先取した後に早田の加えた変化にやられたという。

「1G目は相手も良い状態で試合ができていなかったけど、2G目からそれを変えてきていろんな引き出しがあると感じました。そこで対応しきれなかったのが一番悔しいです。自分のいいところは台上からのチキータ。それを防いできたし、こちらがツッツキで返すと、ゆっくりループを掛けてくる。自分のやりたいことを消されて、相手の格が上だなと思いました」

 第5試合も最後まで激闘を繰り広げたが、「凄く緊張して固まってしまった。もうちょっと思い切って行けたらよかった」と反省が口をついた。大嶋監督も「やっぱり早田選手は世界選手権に出て、全日本でも優勝して苦しい時に相手に向かってこられる場面でも、勝負の懸かったところで経験が圧倒的に違う」と脱帽。「今回、経験させてもらったので少しずつ力にしたい」と雪辱を誓った。

 日本生命は昨季ファイナルで神奈川に敗れ、リーグ初年度から続いた連覇が4でストップ。今回のプレーオフは伊藤美誠(スターツ)が欠場した。3位の日本ペイントは昨季レギュラーシーズン最終戦で敗れ、プレーオフ進出を逃していた。

 今季の女子は6チーム制で実施。上位3チームがプレーオフに進出した。24日の決勝では、平野美宇と張本美和のパリ五輪代表のほか、木原美悠、長崎美柚を擁する今季1位の神奈川が待ち受ける。昨季はシーズン2位から初優勝した神奈川は、2年連続2度目の優勝が懸かる。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集