[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠に逆転負け、平野美宇の“異変”を中国メディア指摘 発端は第4G「明らかに状態が…」

卓球の国際大会、WTTシンガポールスマッシュの女子シングルス3回戦が14日に行われ、伊藤美誠と平野美宇の日本人対決が実現。2000年生まれで同い年のライバルはフルゲームにもつれる熱戦を演じ、3-2(11-8、10-12、7-11、16-14、11-1)で伊藤が勝利した。マッチポイントを3度も凌ぐ驚異の粘りを見せ、ベスト8進出。卓球王国・中国メディアは「明らかに状態が戻らず」と第4ゲーム後の平野の“異変”を指摘していた。

平野美宇【写真:ロイター】
平野美宇【写真:ロイター】

WTTシンガポールスマッシュ

 卓球の国際大会、WTTシンガポールスマッシュの女子シングルス3回戦が14日に行われ、伊藤美誠と平野美宇の日本人対決が実現。2000年生まれで同い年のライバルはフルゲームにもつれる熱戦を演じ、3-2(11-8、10-12、7-11、16-14、11-1)で伊藤が勝利した。マッチポイントを3度も凌ぐ驚異の粘りを見せ、ベスト8進出。卓球王国・中国メディアは「明らかに状態が戻らず」と第4ゲーム後の平野の“異変”を指摘していた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 パリ五輪の女子シングルス代表枠を争った2人。勝ったのは代表漏れした伊藤だった。第1ゲームは10-8からロングサーブに鋭い読みを見せ、回り込んで強烈なフォアハンド。リターンエースで1ゲーム先取したが、第2ゲームから平野に連取され、第4ゲームも出だしから4連続失点と苦しい展開。それでも追いつき、3度のマッチポイントを握られながらも16-14と逆転。最終第5ゲームは伊藤が終始圧倒し、11-1でフルゲームの死闘を制した。

 この試合には卓球王国・中国も注目していた。中国版SNS「ウェイボー」では結果に対する様々な反応が集まったほか、同国メディア「新浪体育」は「平野美宇敗退! マッチポイントを3回逃してメンタル崩壊。最終ゲーム1-11。伊藤美誠が3-2で笑顔で8強」との見出しを打って記事を掲載した。

 記事では、平野が1回戦で早田ひなを相手にストレート勝ちしたことを回顧。伊藤との対戦は「見ごたえのある試合を繰り広げたが、今回は好機を逸して敗れた」としている。「勝利を目前とした第4ゲームにパフォーマンスに起伏が生じ、マッチポイントを3度逃した後、14-16でゲームを落とした」ともつづった。

 伊藤は試合後の場内インタビューで「4ゲーム目に挽回して、勝つことができたことで自分の中でリフレッシュして5ゲーム目に臨めた」と語ったが、同メディアも4ゲーム目の結果が平野に“異変”をもたらしたと指摘。「最終ゲーム、平野美宇は第4ゲームを失ったことが頭から離れない様子で、明らかに状態が戻らず、結局1-11で惨敗した」と記していた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集