[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子マラソンで敗者たちの行動に止まぬ称賛 日本人2人が「本当に美しい」「素敵なエピソード」

名古屋ウィメンズマラソンが10日、バンテリンD発着の42.195キロで行われ、安藤友香(ワコール)が2時間21分19秒で優勝した。パリ五輪代表の最後の1枠を懸けた最終選考会。逆転で内定する選手は現れなかったが、「本当に美しい」「素敵なエピソード」と敗者たちの行動に対する称賛の声が広がっている。

加世田梨花【写真:浜田洋平】
加世田梨花【写真:浜田洋平】

五輪争いのレース中に生まれた姿

 名古屋ウィメンズマラソンが10日、バンテリンD発着の42.195キロで行われ、安藤友香(ワコール)が2時間21分19秒で優勝した。パリ五輪代表の最後の1枠を懸けた最終選考会。逆転で内定する選手は現れなかったが、「本当に美しい」「素敵なエピソード」と敗者たちの行動に対する称賛の声が広がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 ライバルの給水ミスに気づいていたようだ。10キロの給水所。鈴木亜由子(日本郵政グループ)は混戦の中でドリンクを手にできなかった。しかし、直後に加世田梨花(ダイハツ)が走りながら寄り添い、横からドリンクを手渡し。鈴木は受け取って補給した。マラソンでは時折見られる場面でもあるが、五輪切符を争うライバルへの気遣いだった。

 昨年ブダペスト世界陸上代表の加世田と、21年東京五輪代表の鈴木のやり取り。レース中からネット上のファンは「良いもの見た」と感動の声が上がっていた。「加世田選手の人間性よ…ちょっと涙腺が…」「なんて素敵な瞬間を見れたんだろう」と涙を誘っていたが、称賛の声が続々と上がっている。

「大あっぱれあげたい」
「なかなかできないよ」
「感動した」
「これは素晴らしいスポーツマンシップですね」
「すてきなエピソード」
「眩しかった」
「エエ話ですわ!」
「本当に美しかったよ」

 女子日本代表は昨年10月マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝した鈴木優花(第一生命グループ)、2位の一山麻緒(資生堂)が内定済み。最後の3枠目は、1月の大阪国際女子で日本陸連の設定タイム2時間21分41秒を大幅に上回る日本記録2時間18分59秒を叩き出した前田穂南(天満屋)が最有力だった。

 鈴木は2時間21分33秒の3位、加世田が2時間22分11秒の4位で終え、五輪代表最後の1枠は前田が手にした。それでも、最後まで歯を食いしばって走り抜いた2人と安藤に心を打たれたファンは多かったようだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集