[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ボロボロになりながらやってる」 ファイナル進出王手の東レ、39歳米山裕太が若手に届ける背中【Vリーグ男子】

バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが9日、東京・アリーナ立川立飛などで行われ、今季6位の東レアローズが同7位の東京グレートベアーズに3-1(25-27、25-17、25-21、27-25)で逆転勝ちし、ファイナルステージ進出に王手をかけた。先発に抜擢された39歳の元日本代表・米山裕太は攻守で存在感を示し、強気のプレーで勝利に貢献した。

攻守で存在感を示した米山裕太【写真:山野邊佳穂】
攻守で存在感を示した米山裕太【写真:山野邊佳穂】

バレーボールVリーグ1部

 バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが9日、東京・アリーナ立川立飛などで行われ、今季6位の東レアローズが同7位の東京グレートベアーズに3-1(25-27、25-17、25-21、27-25)で逆転勝ちし、ファイナルステージ進出に王手をかけた。先発に抜擢された39歳の元日本代表・米山裕太は攻守で存在感を示し、強気のプレーで勝利に貢献した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 気持ちで流れを引き寄せた。第2セット(S)開始直後。相手のフェイントを味方が崩れた体勢からレシーブし、高いトスに反応したのが米山だった。いきなりのバックアタック。「弱気になってはいけない」。サービスエースも奪って連続得点。「勇気を持って打って、次のサービスエースに繋がった」。第1Sを接戦で落とし、奪われた流れ。気合いで取り戻し、ベテランの勢いがチームに伝染した。

 2007年から東レ一筋17年。09年には日本代表に初選出され、攻守で活躍した。前週は守備の乱れでジェイテクトSTINGSに敗戦。篠田歩監督は、米山の先発抜擢を決めた。「先発と思っていなかった中で結果を残してくれた。日々の準備をしていた米山は凄い」。チーム全体の攻撃活性化にも繋がり、逆転勝ちで「Most Impressive Player」に選出。相手が武器とするサーブも封じた。

 日本代表として世界と戦い、東レで2度の優勝を知る39歳。「特段何かを発することはしていない。みんなと一緒に成長したい」。向上心は持ち続け、若手に背中を見せた。「ボロボロになりながらやっている。そんな中でも準備する姿を見て何かを感じていたらいいな」。何年経っても、試合に出るかわからなくても地道に備える姿はお手本。仲間に与えた影響も大きかった。

 10日は日本代表や東レで活躍し、1年前に31歳で他界した藤井直伸さんの命日。「明日も負けられない試合。(相手も)対策してくるので、その対策に負けないようにしたい」。東レにとって、バレーボール界とって特別な日。5年ぶりのファイナルステージ進出へ、天国の後輩にも背中で活躍を見せる。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集