[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「世界中を見てきて一番チームの為に戦える選手」 日本のVリーグにいる身長170cmの最強の黒子役

バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが18日、東京・国立代々木競技場第二体育館などで行われ、今季7位の東京グレートベアーズが同10位のVC長野トライデンツに3-1(23-25、25-20、25-23、35-33)で勝利した。大接戦の中で元日本代表リベロの古賀太一郎主将は守備でチームを牽引し、貢献した。

守備でチームを牽引した東京グレートベアーズの古賀太一郎主将【写真:中戸川知世】
守備でチームを牽引した東京グレートベアーズの古賀太一郎主将【写真:中戸川知世】

バレーボールVリーグ1部

 バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが18日、東京・国立代々木競技場第二体育館などで行われ、今季7位の東京グレートベアーズが同10位のVC長野トライデンツに3-1(23-25、25-20、25-23、35-33)で勝利した。大接戦の中で元日本代表リベロの古賀太一郎主将は守備でチームを牽引し、貢献した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 手に汗握る展開だった。第4セットは35-33までもつれた。「レセプションが安定しない中で、スパイカーやセッターには負担をかけた」と古賀は振り返ったが、粘るVC長野を振り切れたのは、ミスを最小限に抑えて安定した守備ができたから。相手にマッチポイントを握られる展開が続いてもコート内外で声を出し、最後までチームを牽引した。

 身長は170センチ。ユニフォームの色も一人だけ違う。大男の中で異彩を放つリベロはチームを救う。ボールだけでなく、相手の動きをよく見るポジションなだけにチームメートに指示を出すのも重要な役割。

「楽しくないですね。しんどいポジション。ミスが目立つし、返して当たり前」と苦笑いしながらも、「人間的に成長できる。勝つために裏方に回ることにはすごく魅力を感じている」と古賀。小さくても活躍できることを示し、「子どもに夢を与えたい」と思いを口にした。

 他のポジションに比べてボールを触る機会は少なく、入れ替わりでコートにいない時間もある。それでも主将を任されるのは、抜群の信頼があるから。「チームの心臓。世界中を見てきた中で、彼は一番チームのためにプレーできる選手」とカスパー・ヴオリネン監督も絶賛した。

 残り8試合でリーグ7位。連勝し勢いに乗るが、ファイナルステージ進出を争う6位の東レも勝利し、3勝差は変わらない。直接対決の2試合の前に2勝差まで詰められれば、「僕たちの今のバレーならいける自信はある」と古賀。大逆転へ。頼れる主将がチームの目標へ望みをつなぐ。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集