[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球王国・中国メディアも日本に現れた逸材・松島輝空に仰天「元世界王者が日本の16歳に敗れる!」

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は18日、男子グループリーグ第3戦で日本は組最大のライバル・台湾と対戦し、3-1で勝利した。2勝を挙げたエース・張本智和もさることながら、世界卓球デビューの最年少16歳・松島輝空が1勝1敗の第3試合で42歳・荘智淵をフルゲームの末に撃破。今大会の金メダル大本命で、卓球王国・中国メディアも「元世界チャンピオンが日本の16歳に敗れる!」と驚きを伝えた。

台湾戦に出場した松島輝空【写真:ロイター】
台湾戦に出場した松島輝空【写真:ロイター】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は18日、男子グループリーグ第3戦で日本は組最大のライバル・台湾と対戦し、3-1で勝利した。2勝を挙げたエース・張本智和もさることながら、世界卓球デビューの最年少16歳・松島輝空が1勝1敗の第3試合で42歳・荘智淵をフルゲームの末に撃破。今大会の金メダル大本命で、卓球王国・中国メディアも「元世界チャンピオンが日本の16歳に敗れる!」と驚きを伝えた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 中国の専門メディア「卓球ネット」は「大会3日目は日本男子と台湾の対戦が多くのファンの注目を集めた」とグループリーグ屈指の好カードを特筆。各試合を振り返りながら、第3試合について「台湾のベテラン荘智淵が日本の若手・松島輝空と対戦した。2人の年齢差は実に26歳。完全に親子の年齢だ。ランキングは42歳の荘が35位、16歳の松島が33位である」「荘は2013年のパリ世界卓球の男子ダブルスで金メダルを獲得しており、その名声と経験は16歳の松島を遥かにしのぐ」と伝えた。

 しかし、試合は松島が要所で粘り、フルゲームの末に荘を撃破。「最終ゲームも6-6となった後、松島が3点連取すると荘が追いついて9-9となった。ここで松島が2点連取して最終的に11-9で勝利を収めた。負けた荘にとっては非常に惜しい試合となった」と評した。もちろん、2勝を挙げた張本についても高く評価されており、記事には「団体戦の神・張本智和」「張本、凄すぎる」「今日はフォアが物凄く良かった」という中国ファンの声も寄せられた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集