[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、一触即発だった同僚とは和解「一致団結している」 海外疑問視のチーム戦略にも理解

自動車レースのF1第2戦・サウジアラビアGPは7日からフリー走行が始まる。第1戦のバーレーンGPで同僚と一触即発の事態もあった角田裕毅(RB)は、きっちり“和解”してレースを迎えるようだ。F1公式が公開したインタビュー映像の中で「今は同じ考えでいるし、お互い理解し合っている」と語っている。

角田裕毅【写真:ロイター】
角田裕毅【写真:ロイター】

7日からサウジアラビアGP

 自動車レースのF1第2戦・サウジアラビアGPは7日からフリー走行が始まる。第1戦のバーレーンGPで同僚と一触即発の事態もあった角田裕毅(RB)は、きっちり“和解”してレースを迎えるようだ。F1公式が公開したインタビュー映像の中で「今は同じ考えでいるし、お互い理解し合っている」と語っている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 バーレーンGPではレース終盤、チームオーダーでダニエル・リカルドとの順位を入れ替えて後退。結局リカルドは前を行くマグヌッセンを抜くことはできず、角田も順位を戻されることはないまま14位に終わった。ゴール後、前にいたリカルドのマシンを角田が勢いよく抜き去っていくシーンも見られるなど一触即発の場面も。海外ファンからは、チームの戦略を疑問視する声も上がっていた。

 あれから両者の間でわだかまりは解消されたようだ。F1公式X(旧ツイッター)が角田のインタビュー映像を公開。質問者に「先週、チェッカーフラッグを受けた後に、君とダニエルの間で少し辛辣なやり取りがあったけど」と問われた角田は「レース後にチームと話し合った。我々は一致団結している」と答えた。

「今は同じ考えでいるし、お互い理解し合っている。ただそれだけの事」とも強調した。リカルドのマシンを至近距離から抜き去った場面はチームオーダーに対する不満の表れだったのかと聞かれると「その瞬間は、そうだった。でも、最終的には彼ら(チーム)の言っていたことは理解した。簡単なレースではなかった」と正直な胸の内も語っている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集