[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍デビューの21歳剛腕が欧州選手に残した衝撃「MLBでエースに」 最速159キロに驚愕「まさにロウキ」

野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」が6日、京セラドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が5-0で勝利した。この中で鮮烈な印象を残したのが、日本の4番手で登板した山下舜平大投手(オリックス)だ。初めての代表選出で、自慢の直球は最速159キロを記録。圧倒的な投球に、対戦した欧州の選手からも驚きの声が次々に上がった。

6回から4番手で登板した山下舜平大【写真 小林靖】
6回から4番手で登板した山下舜平大【写真 小林靖】

オリックスの山下舜平大は侍デビューで159キロ

 野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」が6日、京セラドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」が5-0で勝利した。この中で鮮烈な印象を残したのが、日本の4番手で登板した山下舜平大投手(オリックス)だ。初めての代表選出で、自慢の直球は最速159キロを記録。圧倒的な投球に、対戦した欧州の選手からも驚きの声が次々に上がった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 メジャーの舞台に立った男も、佐々木朗希から安打を放ってみせた男も脱帽だ。山下がマウンドに上がると、スピードガンが150キロ台後半を叩き出すたびにスタンドが沸いた。その威力を誰よりも感じていたのが、打席に立った欧州の選手たちだ。

 山下はこの日、2回を1安打無失点。マウンドに上がった6回、2死から唯一の安打を放ったのが「3番・三塁」で先発したアレックス・リディ内野手だ。イタリア育ちの選手として始めてメジャーに昇格し、2011年からの3年間マリナーズで計61試合に出場、6本塁打しているイタリア球界のパイオニアだ。

 リディとの対戦を159キロの直球で入った山下は、ストレートで押しまくった。ただリディもファウルで粘り、7球目からはカーブを2球続けたがいずれもボールに。再びストレートを投じた9球目の152キロが甘く入り、左前にはじき返された。

 リディは山下の球速に目が行った様子で「優れた速球、鋭い変化球。速球は98(マイル)? 158、9(キロ)? 速かったね」と驚きを隠さない。さらに「本当にグッドだ。彼はいくつ?」と年齢に関心を示した。

 21歳と知るとさらに驚き、「メジャーでプレーできると思うか」という質問にも「ああ、もちろんさ。本当によかったよ」と即答だった。

 さらに山下の投球に、最速165キロを誇る佐々木朗希投手(ロッテ)の姿を重ね合わせた選手もいる。リディの前に山下と対戦し、中堅手へのライナーに倒れたマレク・フルプ外野手だ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集