[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「並みの大学生じゃない」 侍初スイングで二塁打…井端監督も村神様も驚愕させた20歳の大学生

野球日本代表「侍ジャパン」に、驚異の大学生が登場だ。トップチーム初選出となる西川史礁外野手(青学大3年)は、6日に京セラドームで行われた「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」の5回に代走で出場すると、6回初打席のファーストスイングを適時打に。井端弘和監督も、主砲の村上宗隆内野手(ヤクルト)も手放しのほめようで、次代の主力との期待が高まっている。

6回に適時打を放つなどの活躍をみせた西川史礁【写真 小林靖】
6回に適時打を放つなどの活躍をみせた西川史礁【写真 小林靖】

青学大3年の西川史礁、トップチーム初打席で初球叩き二塁打

 野球日本代表「侍ジャパン」に、驚異の大学生が登場だ。トップチーム初選出となる西川史礁外野手(青学大3年)は、6日に京セラドームで行われた「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」の5回に代走で出場すると、6回初打席のファーストスイングを適時打に。井端弘和監督も、主砲の村上宗隆内野手(ヤクルト)も手放しのほめようで、次代の主力との期待が高まっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「緊張もある中で、ファーストスイングを振れた。スイングしてファウルにならず飛ぶんだから、並みの大学生じゃないですよ」

 井端監督の口からも、賛辞が止まらない。今回初めて侍ジャパンのトップチームに抜てきされた西川は5回、塩見泰隆外野手(ヤクルト)の代走としてグラウンドに立った。さらに6回には、2死一、二塁で打席が回り、マウンドには右腕のファンフルプ。初球の142キロ、ツーシームがやや高めに入ってきたところを見逃さず引っ張ると、打球は三塁線を抜けていく適時二塁打となった。二塁に到達しても、学生らしく控えめ。小さなポーズで塁審にタイムを求めた。

 8回にも打席が回ると、今度は左腕のルーゴと対し、1ボールからの2球目を左前へ運んだ。いずれの打席でもファーストストライクをしっかりとらえる技術の高さには、4番に座った村上も脱帽だ。

「積極的にスイングして、いいところに飛んで結果が出る。こういう舞台で結果を残すのがどれだけ難しいか、分かっているので……」

 昨年の今頃、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で不振にあえいだ自身の経験と比較しながら、西川の技術の高さ、精神力の強さに驚く。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集