[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上世界室内で躍動した2人の収穫と課題 田中希実「五輪で確実に入賞の力を」多田修平「悔しい思いの方が強い」

陸上女子中長距離の田中希実(ニューバランス)と男子短距離の多田修平(住友電工)が5日、世界室内選手権の行われた英グラスゴーから帰国した。ともに、今夏のパリ五輪に向けて弾みをつける好成績。到着した羽田空港で取材に応じ、収穫と課題を口にした。

陸上の世界室内選手権の行われた英グラスゴーから羽田空港へ帰国した多田修平(左)と田中希実【写真:荻島弘一】
陸上の世界室内選手権の行われた英グラスゴーから羽田空港へ帰国した多田修平(左)と田中希実【写真:荻島弘一】

田中希実は3000メートルアジア新記録、多田修平は60メートル日本新記録をマーク

 陸上女子中長距離の田中希実(ニューバランス)と男子短距離の多田修平(住友電工)が5日、世界室内選手権の行われた英グラスゴーから帰国した。ともに、今夏のパリ五輪に向けて弾みをつける好成績。到着した羽田空港で取材に応じ、収穫と課題を口にした。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 3000メートルで8位入賞、8分36秒03のアジア室内新記録をマークした田中は「等身大の力は出せた。8分40秒を切る目標が達成できてうれしい」と満足そう。トップ選手がそろうレース、以前は「疎外感があって怖かった」が、「今回は怖がらず、楽しんで、パリをイメージしながら走れた」と成長を口にした。

 東京五輪1500メートル8位、昨年の世界選手権5000メートル8位に続く入賞だが「五輪でも入賞はギリギリのところ。安心して確実に入賞できる力をつけ、そこからメダルを目指す意識をもちたい」と、2度目の五輪に向けて話していた。

 多田は60メートル予選で6秒52の日本新記録をマークし、決勝では7位入賞。「自己ベストを更新してファイナルに残れたのはうれしかった」と話したが、3本目の決勝前に足を痛め「世界とちゃんと戦えず、悔しい思いの方が強い」とも言った。

 田中は世界クロスカントリー(3月30日、セルビア)などを経て屋外シーズンに向かう予定。多田は「まずは(100メートル)9秒台を出し、日本選手権で優勝して五輪代表権を獲得したい」と話していた。(荻島 弘一)

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集