[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、同僚と一触即発も海外から同情の声 順位後退は「文字通りチームにめちゃくちゃに」

自動車レースのF1バーレーンGPは現地2日に決勝が行われ、参戦4年目の角田裕毅は14位で入賞はならなかった。終盤にRB(旧アルファタウリ)のチームメート、ダニエル・リカルドと順位を入れ替えるよう指示が出て応じたが、結局この作戦は実らず。フィニッシュ後、前方にいたリカルドを角田が勢いよく抜き去っていくシーンもあったが、海外ファンからは「彼はチームにめちゃくちゃにされた」「もっと良い扱いを受けるべき」といった同情の声も上がっている。

F1バーレーンGPで走行する角田裕毅【写真:ロイター】
F1バーレーンGPで走行する角田裕毅【写真:ロイター】

F1バーレーンGP

 自動車レースのF1バーレーンGPは現地2日に決勝が行われ、参戦4年目の角田裕毅は14位で入賞はならなかった。終盤にRB(旧アルファタウリ)のチームメート、ダニエル・リカルドと順位を入れ替えるよう指示が出て応じたが、結局この作戦は実らず。フィニッシュ後、前方にいたリカルドを角田が勢いよく抜き去っていくシーンもあったが、海外ファンからは「彼はチームにめちゃくちゃにされた」「もっと良い扱いを受けるべき」といった同情の声も上がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 レース終盤、チームオーダーでリカルドとの順位を入れ替えて後退した角田。結局リカルドは前を行くマグヌッセンを抜くことはできず、角田も順位を戻されることはないままチェッカーを受けた。フィニッシュ後には、前にいたリカルドのマシンを角田が勢いよく抜き去っていくシーンも見られ、無線では驚いたリカルドの「なんてこった!今は言わないでおくが」との声も聞こえていた。

 作戦とは言え、納得いかないのは角田のファンも同じだった。海外からは、レースを見て寄せられた角田への同情の声も集まっている。

「ユウキはチームからもっと良い扱い受けるべきよ」
「このチームオーダーは全く馬鹿げていて不必要だった」
「正直言って、入れ替えの意味は何だったんだ。週末でずっと、ユウキはダニエルより先を行っていたんだ。イライラするのはわかる」
「このチームオーダーは本当に必要なかった」
「ユウキが間違ってるって言っている人たちは馬鹿よ。彼は文字通りチームにめちゃくちゃにされた。何の理由もなくチームオーダーの指示を受けた」
「彼は正しくて、チームオーダーがすごく間違っている。リカルドとユウキは同じペースだった」

 英紙「デイリーメール」電子版は、リカルドがレース後に残したコメントを伝えている。「彼(角田)を落ち着かせるつもりだ。私たちは彼がどんな人なのか分かっている」と語りつつも、「(角田は)少し未熟さがあったと言っておこう」「私は今とても分別がある。それでもこれを未熟と呼ぶ。彼はチームの指令に対して明らかにイライラしていた」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集