[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平3安打! OP戦打率.714、OPS驚異の2.207…絶好調ぶりに日本人興奮「OPS限界突破しとるw」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、米アリゾナ州グレンデールで行われたロッキーズとのオープン戦に「2番・DH」で先発出場。3打数3安打2打点の活躍で、3回に代走を送られて交代となった。2回にはもう少しでホームランかという弾丸三塁打。オープン戦は打率.714と絶好調だ。

ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

ロッキーズとのオープン戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、米アリゾナ州グレンデールで行われたロッキーズとのオープン戦に「2番・DH」で先発出場。3打数3安打2打点の活躍で、3回に代走を送られて交代となった。2回にはもう少しでホームランかという弾丸三塁打。オープン戦は打率.714と絶好調だ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は初回に右前打を放つと、2回1死二塁の第2打席では左腕ゴンバーの甘く入った速球を強振。打球は弾丸ライナーでセンターへ飛んで行った。ものすごい勢いで中堅フェンスに直撃。あと1メートルで柵越えかという飛距離だった。これでベッツが生還。リードを4-0と広げた。

 さらに3回1死一、二塁からも右前適時打を放ち、この日は3打数3安打2打点の活躍。代走を送られてベンチに下がったが、観客からは拍手喝采が送られた。これでオープン戦は7打数5安打、1本塁打、5打点。打席数は少ないが、打率.714、OPS2.207と絶好調ぶりを見せている。2月27日(同28日)の試合から、7打席連続出塁もマークした。

 早朝から試合を視聴したX上のファンも「打率も凄いことに」「打率やばくないか」「OPS限界突破しとるw」「もはやストライクゾーンに投げたら全部打つんじゃないか」などと驚きの声を上げていた。1番ベッツ、2番大谷、3番フリーマンはいずれもMVPを獲得したことがあるスター選手。豪華な1~3番は相手投手の脅威になりそうだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集