[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京マラソンは波乱連続 日本人転倒、キプチョゲ&ペースメーカーに異変…ネット騒然「何があった?」

東京マラソンは3日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われた。日本人男子は今夏のパリ五輪切符を懸けた最終選考レース。20キロ手前で木村慎、西山雄介らが転倒し、海外勢も巻き込まれるアクシデントが発生。ペースメーカーが予定より早く離脱、さらに東京五輪で連覇した前世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)に“異変”が発生するなど、荒れ模様のレースにネット上も騒然とした雰囲気に包まれた。

東京マラソンが3日、行われた【写真:ロイター】
東京マラソンが3日、行われた【写真:ロイター】

東京マラソン

 東京マラソンは3日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われた。日本人男子は今夏のパリ五輪切符を懸けた最終選考レース。20キロ手前で木村慎、西山雄介らが転倒し、海外勢も巻き込まれるアクシデントが発生。ペースメーカーが予定より早く離脱、さらに東京五輪で連覇した前世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)に“異変”が発生するなど、荒れ模様のレースにネット上も騒然とした雰囲気に包まれた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 白い紙吹雪が舞う中、選手たちが一斉にスタート。20キロ手前でアクシデントが起きた。日本人の先頭集団にいた木村、西山らが次々に転倒。接触が原因とみられ、複数人の選手たちが影響を受けた。それぞれ立ち上がり、レースを続行。遅れた選手も懸命に足を回して前を追った。

 先頭集団にも異変が起きていた。20キロ手前で、優勝候補の一角とされたキプチョゲが遅れ始め、キプラガト、キプルトらに引き離されていった。さらに、30キロまで引っ張るはずだった3人のペースメーカーが予定よりも早く、次々と離脱。世界記録を上回るハイペースで、最後の1人も25キロすぎに歩き始めてしまった。遅れたキプチョゲは35キロ過ぎに日本勢トップの西山雄介に抜かれた。

 波乱の展開にネット上の日本人ファンも衝撃を受けたようで「恐怖の東京マラソン」「めちゃくちゃ荒れてるな」「怪我大丈夫なの?」「それでもキプチョゲ抜いてるなんで凄すぎ」「キプチョゲが日本人選手に抜かれるシーンを見る日が来るとは」「手負いのキプチョゲはキプチョゲではない」「何があった?」「後ろが速すぎてペースメーカーもついていけない」「ペースメーカーの技術不足」「ペースメーカーが走り切れないなんて…」といった声が飛び交っている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集