[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング穴口一輝選手の死去、ストップの判断は「難しい試合」 ダウン1つ差で逆転の超僅差判定

ボクシングのバンタム級で活躍した穴口一輝選手(真正)が2日、死去した。昨年12月に当時日本バンタム級王者の堤聖也(角海老宝石)と対戦し、ダウン4度を喫する0-3の判定負け。試合後に救急搬送され、右硬膜下血腫により緊急の開頭手術を受けた。意識不明のまま都内の病院に入院して1か月強。23歳で帰らぬ人となった。2023年度の年間最高試合賞(世界戦以外)にも選ばれたタイトルマッチ。関係者も「難しい試合」とストップの判断をしがたい内容だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

昨年12月に堤聖也(左)と試合をする穴口一輝選手【写真:荒川祐史】
昨年12月に堤聖也(左)と試合をする穴口一輝選手【写真:荒川祐史】

昨年12月の日本バンタム級タイトルマッチで意識不明のまま1か月強

 ボクシングのバンタム級で活躍した穴口一輝選手(真正)が2日、死去した。昨年12月に当時日本バンタム級王者の堤聖也(角海老宝石)と対戦し、ダウン4度を喫する0-3の判定負け。試合後に救急搬送され、右硬膜下血腫により緊急の開頭手術を受けた。意識不明のまま都内の病院に入院して1か月強。23歳で帰らぬ人となった。2023年度の年間最高試合賞(世界戦以外)にも選ばれたタイトルマッチ。関係者も「難しい試合」とストップの判断をしがたい内容だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 ◇ ◇ ◇

 年間最高試合に選ばれた名勝負。だからといって、美談にしていいというわけではない。リング禍が起きてしまった以上、何が悪かったのか、今後どうすべきなのか、対策が必要だろう。ただ、振り返れば振り返るほど、本当に判断に迷う難しい試合だった。

 序盤は挑戦者・穴口がペースを握り、3回までジャッジ3人のうち2人が穴口に10-9をつけた。しかし、王者・堤が4回に意地を見せてダウンを先取。5回は開始から打ち合った。7回にも堤がダウンを奪ったが、穴口は再開後も引かない。打撃戦が続き、3度目のダウン。最終10回の終了間際に4度目。その後も戦う意思を見せていた。

 判定は3-0で堤の勝利だが、採点は2人が94-92、1人が95-91だった。ジャッジ2者がダウンしたラウンド以外、穴口につけるほどの僅差。最後にダウンしていなければ勝っていたかもしれない。それだけ優勢に進め、王者を追い詰めていた。何よりダウン後もパンチは鋭く、レフェリーも、セコンドも止められるような状態ではなかったはずだ。

 もしどこかで止めていれば、「早かった」という声が飛んだだろう。1月下旬、日本ボクシングコミッションの安河内剛本部事務局長は、再発防止策の必要性を理解したうえで「あの試合は難しいです。止められる試合ではなかったと思います」と話していた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集