[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア17歳ワリエワに4年間の出場停止処分 ドーピング大騒動の北京五輪から2年で裁定、日本は団体銀に繰り上げか

フィギュアスケートの17歳カミラ・ワリエワ(ロシア)が29日、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に2021年12月25日から4年間の資格停止処分を受けた。CASは公式サイトで「カミラ・ワリエワがアンチ・ドーピング規則違反を犯したことが判明し、2021年12月25日から4年間の資格停止処分が下された」と発表した。同日以降の競技結果は失格になるという。北京五輪団体戦で3位だった日本は銀メダルに繰り上がる可能性がある。

北京五輪演技後のカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
北京五輪演技後のカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

北京五輪で大注目ワリエワに裁定

 フィギュアスケートの17歳カミラ・ワリエワ(ロシア)が29日、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に2021年12月25日から4年間の資格停止処分を受けた。CASは公式サイトで「カミラ・ワリエワがアンチ・ドーピング規則違反を犯したことが判明し、2021年12月25日から4年間の資格停止処分が下された」と発表した。同日以降の競技結果は失格になるという。北京五輪団体戦で3位だった日本は銀メダルに繰り上がる可能性がある。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 CASは同発表内で「ワリエワの2021年12月25日以降の全ての競技結果は失格となり、その結果生じた(タイトル、賞、メダル、利益、賞品、出演費の没収を含む)全てのものを伴う」と説明した。

 ワリエワは北京五輪で団体戦のショートプログラム(SP)に出場。高難度のジャンプを次々に決め、90.18点の高得点を叩き出した。圧巻の演技でROCの優勝に貢献したが、21年12月のロシア選手権で採取された検体から禁止薬物トリメタジジンが検出され陽性となったことが発覚。大騒動に発展し、国際オリンピック委員会(IOC)は、ワリエワの資格停止処分を解除したロシア反ドーピング機関(RUSADA)の決定を不服としてCASに提訴していた。

 CASは当時のワリエワの年齢(15歳)が保護対象であること、出場が認められなかった場合は甚大な損害を与えてしまうことなどを考慮した結果、その後に行われる個人戦出場を認めた。海外からは批判の声も巻き起こり、注目を浴びたワリエワはフリーで本来の演技とは程遠い滑りに。4位でメダルを逃して涙した。

 ここまで問題は長期化し、北京五輪団体戦で暫定2位の米国、同3位の日本にもメダルがまだ届けられていない。選手たちからは怒りの声などが上がっていた。カナダが同4位だった。CASは今回の発表で、各大会の順位繰り上げは国際オリンピック委員会(IOC)など関係団体によって決められると説明した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集