[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上最悪!? オランダ代表FWの“やり過ぎダイブ”に非難殺到「1年出場停止が妥当」

海外サッカーで悪質なダイブかと思われる衝撃プレーが問題となっている。後頭部に軽く触れられただけで、頭を抱えて転倒。あまりに派手に痛がるシーンを英紙記者が動画で公開。英メディアは「史上最悪のダイブか?」と報道。ファンからも、スポーツマンシップに反する振る舞いにブーイングが噴出している。

オランダ代表FWベルハイス【写真:Getty Images】
オランダ代表FWベルハイス【写真:Getty Images】

オランダリーグでの目を疑うようなダイブシーンが話題

 海外サッカーで悪質なダイブかと思われる衝撃プレーが問題となっている。後頭部に軽く触れられただけで、頭を抱えて転倒。あまりに派手に痛がるシーンを英紙記者が動画で公開。英メディアは「史上最悪のダイブか?」と報道。ファンからも、スポーツマンシップに反する振る舞いにブーイングが噴出している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 衝撃のプレーが起きたのは現地時間23日のオランダ1部エールディビジ第6節の、フェイエノールトとユトレヒトの一戦だった。ブーイングを浴びているのは、フェイエノールトのオランダ代表FWステフェン・ベルハイスだ。相手チームの選手がベルハイスの近くを通る際に、後頭部付近を軽くタッチするような素振りを見せた。すると次の瞬間、信じられないような光景が広がった。

 ベルハイスは右手で後頭部付近を押さえ、急に倒れ込んだのだ。どう見ても、痛めるようなプレーではない。完全に相手のファウルを狙った悪質なシミュレーションだ。あまりにひどい振る舞いを、英紙「ガーディアン」のジェームス・ダート記者が動画と共に「ステフェン・ベルハイスが長期離脱しないことを願う」とツイートすると、ファンからはブーイングが殺到している。

「こういう愚行を犯す選手にペナルティーを与える時期がきてる」
「1年の自動出場停止が妥当」
「だからラグビーファンはサッカーが嫌い!」
「ネイマールなら、この後にスタジアム中を転げ回ってるわ」
「うちの子どもに見せたら泣き止まないんだけど」
「忍者が使う、敵を身動きできなくするような技なのかしら!?」
「なんというズル」
「ニュー・ネイマール。笑」
「彼は生還できた?まだ生きてる?」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集