[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NHK杯宇野昌磨の演技に「未だ見惚れている」 圧倒的な表現力、海外記者が絶賛する音楽への理解

26日まで大阪・東和薬品ラクタブドームで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯の男子シングルは鍵山優真(オリエンタルバイオ)が合計288.39点をマークして優勝を飾った。宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーでのジャンプの回転不足をとられたことが影響して僅差の2位。海外専門メディアは宇野の演技について「唯一無二の感覚が凝集」などと独特の表現を用いながら、音楽に対する高い理解を示した完成度を称賛している。

NHK杯男子シングルで演技した宇野昌磨【写真:矢口亨】
NHK杯男子シングルで演技した宇野昌磨【写真:矢口亨】

NHK杯男子シングルのフリー演技で見せた滑り

 26日まで大阪・東和薬品ラクタブドームで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯の男子シングルは鍵山優真(オリエンタルバイオ)が合計288.39点をマークして優勝を飾った。宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーでのジャンプの回転不足をとられたことが影響して僅差の2位。海外専門メディアは宇野の演技について「唯一無二の感覚が凝集」などと独特の表現を用いながら、音楽に対する高い理解を示した完成度を称賛している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 宇野はフリーで冒頭の4回転ループ、4回転フリップをそれぞれ着氷。続く3回転アクセルが単発となり、後半も4回転が2回転トウループに抜けた。それでも直後にリカバリーし、安定感を発揮。4回転ジャンプ4本すべて回転不足を取られるという判定に泣いたものの、指先まで神経の行き届いた表現力は際立っており、海外から称賛の声が相次いだ。

 そんな中、ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が運営する専門メディア「インサイドスケーティング」は「2023年NHK杯でのショウマ・ウノ:旅のようなフリースケート。彼の道のり」などの見出しで記事を掲載。「終了して数秒後、この小さなストーリーを書いた」という書き出しで「このプログラム、ショウマ・ウノのロングプログラムは静寂であり、美しく、スケートの真髄である。彼のすべての動き、そしてそれと一体化するまでの時間は、まさに魅惑的だ。このプログラムは、呼吸と同じぐらい気楽で、美しく、心地よく感じた――忠実で、誠実な友だ」と独特の表現で演技の美しさを称した。

 トーン記者によって書かれた記事では、2曲を繋げた宇野のフリー曲「Timelapae/Spiegel im Spiegel」への解釈に言及。「私たちは未だに、ショウマがフリースケートに刻んだ内なるリズムに見惚れている」と書き立てた。

「Timelapae」については「この魔法のオーラ、感受性、音楽へ完全に自由奔放であることに囲まれて、ショウマ・ウノが世界の舞台に立ったことが、この数年を素晴らしいものにしたかもしれない」とし、「Spiegel im Spiegel」の部分についても「文字通り、鏡の中の鏡だ。この作品は”パワフルな感情のインパクト”で、彼のキャリアの縮図が映し出されているかのようだ。無限の鏡であり、近く、遠くが映されている。また、贈り物を与え続けたスケートの旅における、全てのニュアンス、全ての形、全ての起伏が見られる虫メガネなのだ」と繊細な表現で伝えている。

 トーン記者は「ほんの少しの言葉で言うと、私たちはこれがキャリアを要約していると感じている」と宇野のフリーのプログラムに対する考えを集約。「しかしそれ以上に、これにはショウマ・ウノの音楽に対する唯一無二の感覚が凝集されており、それが最大限に現れている」と音楽への解釈も絶賛している。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集