[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平と「かなり仲良くなった」 エ軍元同僚、わずか1か月で手にした「自慢できること」とは

米大リーグ・エンゼルスからフリーエージェント(FA)となった大谷翔平投手の去就に日米で注目が集まる中、米野球専門ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」に同じくFAとなったルーカス・ジオリト投手が出演。今年7月から約1か月間、エンゼルスで大谷と共闘した裏で「自慢できること」ができたと明かしている。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

ジオリトが米メディアの番組で大谷とのエピソードを紹介

 米大リーグ・エンゼルスからフリーエージェント(FA)となった大谷翔平投手の去就に日米で注目が集まる中、米野球専門ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」に同じくFAとなったルーカス・ジオリト投手が出演。今年7月から約1か月間、エンゼルスで大谷と共闘した裏で「自慢できること」ができたと明かしている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 29歳のジオリトは今季ホワイトソックスで開幕を迎え、6勝6敗の成績を残していた中で7月27日にトレードでエンゼルスに移籍。先発ローテーションの一角として期待されたが1勝5敗と結果を残せず、8月31日にウェーバー公示を経てガーディアンズに放出され、シーズン終了後にFAとなった。

 自身の去就も注目される中、米野球専門ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」に出演したジオリトは大谷について問われると、「1か月間ぐらいで、かなり彼と仲良くなった」と告白。「彼と通訳のイッペイが一緒にいてくれることがすごく良かった。ショウヘイは英語とスペイン語をある程度話すけど、時々会話が上手くいかない時には、イッペイがいつも助けに入ってくれる。イッペイもとてもクールなやつなんだ」と、水原一平通訳も交えて交流した様子を振り返った。

 約1か月という短い在籍期間でエンゼルスを去ったジオリト。これまでのキャリアで「正直、あまり記念品などは好きじゃないし、他の選手からサインとかをもらうことにあまり興味を持ったことはないけど……」とした上で、エンゼルスに在籍したことで「私が自慢できることは、ショウヘイがインスタグラムで私をフォローバックしてくれたことだ」と世紀の二刀流との繋がりが生まれたことを明かしていた。

(THE ANSWER編集部・羽鳥 慶太 / Keita Hatori)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集