[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

もう言わせない「仁井さんが2位だ」 21歳仁井優花が初V射程「2位だと必ず言われる(笑)」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス第2日が28日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。首位から出た仁井優花(にい・ゆうか、エレコム)は1イーグル、3バーディー、4ボギーの71で通算6アンダーとし、5位に後退したが、ツアー初のホールワンを記録した。2021年11月、2度目のプロテスト受験で合格した21歳。ジュニア時代から「仁井さんが2位になった」といじられてきたと明かし、最終日は2位ではなく、初優勝だけを目指す。首位は通算9アンダーの鈴木愛(セールスフォース)。

樋口久子 三菱電機レディス第2ラウンドに出場した仁井優花【写真:Getty Images】
樋口久子 三菱電機レディス第2ラウンドに出場した仁井優花【写真:Getty Images】

樋口久子 三菱電機レディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス第2日が28日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。首位から出た仁井優花(にい・ゆうか、エレコム)は1イーグル、3バーディー、4ボギーの71で通算6アンダーとし、5位に後退したが、ツアー初のホールワンを記録した。2021年11月、2度目のプロテスト受験で合格した21歳。ジュニア時代から「仁井さんが2位になった」といじられてきたと明かし、最終日は2位ではなく、初優勝だけを目指す。首位は通算9アンダーの鈴木愛(セールスフォース)。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 160ヤードの8番パー3。仁井が8番アイアンを振り、「右に出た」と思った第1打はピン手前5ヤードに着弾。そのままフックラインを描き、カップインした。本人は「見えなかったんです」と振り返ったが、大歓声を受けて歓喜。カップに手を入れてボールをつかむと、ギャラリーにペコリと頭を下げた。

 この時点で8アンダー。鈴木と並んで首位に立ったが、インに入ると14番パー4までに3ボギー。それでも、最終18番パー5は3メートルのバーディーパットを沈めて再び歓声を浴びた。同組には同学年でジュニア時代から知る岩井明愛がいた。岩井は20年度プロテストに一発合格し、既に3勝。試合で同組になると「本当にすごいショットを打つので、ギャラリーの気分で見てしまいます」と明かしたが、この日は自分のプレーに集中。「それが良かったのかも」と振り返った。

 ジュニア時代には、「仁井」の名前でよくいじられていたという。

「2位になると、必ず『仁井さんが2位だ』って言われるんですよ(笑)。明日はそうならないようにしたいですね」

 ツアーでの最高位は今季パナソニックオープンレディースの4位。2位を飛び越えて、頂点だけを目指している。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集