[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「ギアを上げてやっていく」 大一番に向けたスパー開始にファン「ジムの熱気感じます」

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が神奈川・横浜市内の同ジムでスパーリングを開始した。大橋秀行会長が自身のインスタグラムで報告したもので、相手は実力派のメキシコ人ボクサー2人。井上自身も「ギアを上げてやっていこうと思います」と意欲的な姿勢を見せており、ファンからは「準備万端」「真吾トレーナー大忙し」といった声が寄せられている。

井上尚弥【写真:高橋学】
井上尚弥【写真:高橋学】

大橋秀行会長がインスタグラムで報告

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が神奈川・横浜市内の同ジムでスパーリングを開始した。大橋秀行会長が自身のインスタグラムで報告したもので、相手は実力派のメキシコ人ボクサー2人。井上自身も「ギアを上げてやっていこうと思います」と意欲的な姿勢を見せており、ファンからは「準備万端」「真吾トレーナー大忙し」といった声が寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 今回、大橋ジムがメキシコから招聘したのは、IBOスーパーバンタム級王者エリック・ロブレスとホセ・アンヘル・ガルシアの2人。ロブレスは15戦14勝(9KO)1敗、ガルシアが13戦10勝(9KO)3分けという戦績の持ち主だ。大橋会長によると「2人ともサウスポー」とのことで、23日にはさっそく井上がロブレスと6ラウンド、弟でWBA世界バンタム級王者・井上拓真がガルシアと4ラウンドのスパーリングを行ったという。

 井上はスパー開始についてこうコメントしている。

「先月のフィジカル合宿を終えてからは、これまでマスボクシング中心だった。今日が外国勢とは初めてでした。テーマとしては自分の動きを仕上げることを考えている。今日やってみて練習になる相手、あきらめない相手だと分かりました。2人は1カ月間、いてくれるそうなので、ギアを上げてやっていこうと思います。次戦は正式に発表できるまで、もう数日お待ちください。タパレス戦を想定し、ギアを上げていきたい」

 これにはファンから「準備万端」「待ち遠しいです」「ジムの熱気を感じます。真吾トレーナー大忙し!」「ロブレスの戦績やばいですねw勝率」といったコメントが集まっている。

 井上は7月に前同級2団体王者スティーブン・フルトン(米国)に勝利後、リングインタビューで「この会場にタパレスが見に来ているので、次戦スーパーバンタム級で4団体統一戦をしたいと思います!」と熱望。するとWBA&IBF同級統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)もリングに上がり、「自分自身がチャンピオンであることを証明したいので、ぜひ井上尚弥と対戦したい」と快諾して会場を盛り上げていた。

 一方、拓真は11月15日に東京・両国国技館で元IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との初防衛戦(Amazon プライム・ビデオ)に臨む。大橋会長の投稿ではこうコメントした。

「先週からフィリピンの3人とスパーリングを開始しました。週2、3回ぐらいのペースでやる予定でいます。今日からメキシコ人のパートナーも来日したので、やってみました。今日のメキシコ人の方がアンカハスに似ている部分がある。5人もサウスポーがそろうなんて環境的にはすごくいいですね。スパーリングは2週間前か、10日前には終わるつもりで、疲れと体重、体調を見て決めていきたい」

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集