[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菅沼菜々、逃げ切りで2か月ぶりツアー2勝目! 引退イ・ボミも18番で祝福「菜々ちゃんおめでとー!」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース最終日が22日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。首位で出た菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算14アンダーで優勝。今年8月のNEC軽井沢72以来、2か月ぶりの嬉しいツアー2勝目を手にした。2位は11アンダーで福田真未、山下美夢有、尾関彩美悠の3選手。

NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで優勝した菅沼菜々【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで優勝した菅沼菜々【写真:Getty Images】

国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース最終日が22日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。首位で出た菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算14アンダーで優勝。今年8月のNEC軽井沢72以来、2か月ぶりの嬉しいツアー2勝目を手にした。2位は11アンダーで福田真未、山下美夢有、尾関彩美悠の3選手。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 尾関彩美悠と並ぶ首位で出た菅沼。出だし1番パー5で尾関がバーディーを奪ったが、その後2番、4番でボギー。菅沼は4番パー3でバーディーを奪ったことで単独首位に浮上した。9番パー5では、第3打でピンそば1メートルにつけるスーパーショット。スコアを伸ばし、14アンダーで後半9ホールに突入した。

 前年の年間女王・山下美夢有、ツアー初優勝を狙う天本ハルカらも絡む優勝争いの中、菅沼は12番パー5でバーディー。その後、17番パー3で初めてのボギーを叩くが、ピンチを迎えても粘り強いゴルフを続けた。今大会限りで日本ツアーを引退するイ・ボミが見つめる中、最終18番でウイニングパットを沈めるとガッツポーズ。ボミは客席から「菜々ちゃん、おめでとー!」と叫び、優勝を祝福していた。

 2週前は発熱で途中棄権。新型コロナウイルス、インフルエンザの検査はともに陰性だった。体重が3キロ落ち、飛距離もダウン。それでもスムーズな動きに繋がり、スイングにキレが生まれた。今大会は高速グリーン。「私はグリーンの色を見て段差を読む。その色が自分に合っていて読みやすい。これくらい速い方がイメージが出やすい」と語っていたように相性はピッタリだった。

 全国を転戦するゴルファーにとって大きなハンディキャップとなる「広場恐怖症」を持つ。公共交通機関の大半を使えず、沖縄や北海道のツアーには出られない。時には父の運転する車で最大1200キロほどを移動することもあった。「私が活躍することで同じ病気の方々に元気、勇気を届けられると思う」と初優勝のスピーチで語っていた。「3勝、4勝としていきたいので、2勝目を壁ではなく通過点と思ってやりたい」。可愛らしいポーズでも人気の23歳はさらに上を目指す。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集