[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川内優輝が“魂の大逃げ”で粘れた意外な理由 重ね合わせた20年前の漫画に反響「まさか出てくるとは」

15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で“魂の大逃げ”を打って4位に粘った川内優輝(AD損保)。130回目のマラソンで惜しくも大願成就とはならなかったが、レース中からネットをざわつかせ、大いに盛り上げた。川内本人は自身のX(旧ツイッター)でこの走りができた理由について、ある「漫画」の存在を告白。ファンから「まさか漫画が出てくるとは」「まず読むべき作品」といった反響が寄せられている。

男子マラソンで4位でゴールする川内優輝【写真:徳原隆元】
男子マラソンで4位でゴールする川内優輝【写真:徳原隆元】

MGCで35キロ付近まで単独先頭

 15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で“魂の大逃げ”を打って4位に粘った川内優輝(AD損保)。130回目のマラソンで惜しくも大願成就とはならなかったが、レース中からネットをざわつかせ、大いに盛り上げた。川内本人は自身のX(旧ツイッター)でこの走りができた理由について、ある「漫画」の存在を告白。ファンから「まさか漫画が出てくるとは」「まず読むべき作品」といった反響が寄せられている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 あいにくの土砂降りの雨という悪条件にもかかわらず、スタート直後から飛び出して先頭でレースを引っ張った川内。折り返し点を過ぎたあたりでは2位に40秒以上の差をつける独走となり、ネット上は「奇襲」「ツインターボ川内」といった声で盛り上がった。35キロ付近で2番手グループに捕まったもののその後もトップ争いを繰り広げ、最後は3位の大迫傑(Nike)から7秒差の2時間9分18秒で4位でフィニッシュ。最後まで粘った内容に称賛の声も少なくなかった。

 川内は今回のレースぶりでの好走できたことについて、自身のXでこんな“理由”をつづっている。

「34kmで堀尾選手の引っ張る集団に追いつかれそうになった時に35kmまでは粘れたのは直前まで読んでいた #奈緒子 のホセ・マリア・ゴンザレスが頭によぎったからかも、、、」

 ここに出てくる「奈緒子」は、1994年から2003年まで小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていた坂田信弘原作・中原裕作画による陸上漫画。“日本海の疾風(かぜ)”と呼ばれる天才ランナー・壱岐雄介の成長物語で、陸上ファンからは名作ともいわれる。

 タイトルを「奈緒子 新たなる疾風」と変えた物語の終盤で、壱岐が「東京国際マラソン」に出場した際に超ハイペースの展開の中、スペインのホセ・マリア・ゴンザレスがレースを引っ張り続けた、という描写があるが、これを重ね合わせたような川内の走りに、ファンはまたも大盛り上がり。「雨の中独走する姿は完全に壱岐雄介でした」「川内さんは、#奈緒子 を読んでいるんですね」「トレーニングを本で勉強する前にまず読むべき作品だと思ってます」「まさか漫画が出てくるとは笑笑 懐かしい」「長距離ランナーは『奈緒子』必読です」「名作ですね、、奈緒子」といったコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集