[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界と差が開く日本マラソン界 一山麻緒のコーチが異例提言「報道陣も厳しくして。陸連は…」

陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男子は小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位、女子は鈴木優花が2時間24分9秒で優勝、一山麻緒が2時間24分43秒の2位でそれぞれパリ五輪代表に内定。一山を指導する資生堂の永山忠幸専任コーチは、日本人が再び世界と戦うために異例の要望を出した。

MGCで土砂降りの雨の中でスタートを切る女子マラソン【写真:徳原隆元】
MGCで土砂降りの雨の中でスタートを切る女子マラソン【写真:徳原隆元】

パリ五輪代表選考会

 陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男子は小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位、女子は鈴木優花が2時間24分9秒で優勝、一山麻緒が2時間24分43秒の2位でそれぞれパリ五輪代表に内定。一山を指導する資生堂の永山忠幸専任コーチは、日本人が再び世界と戦うために異例の要望を出した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 決戦は土砂降りの雨、気温14.6度の中でスタートした。前回2019年大会の約2倍となる男子61人、女子24人が出場。タフなコンディションの中、2枠の五輪切符へ選手たちは激走した。

 しかし、世界のマラソン界では男子が2時間0分35秒、女子が2時間11分53秒を叩きだしたばかり。アフリカ勢により世界記録が相次いで誕生し、置いて行かれた状況について問われた永山コーチは、「練習をするしかないと思います。私が今やっている日本記録のための練習が3分20秒ですから。そのタイムではなく3分15秒のペースを楽に走り切れる走力が必要だと思います」と振り返り、語気を強めた。

「それと、もう少しハングリーな環境を求めるべきだなと。ケニアに行けばいい、エチオピアに行けばいいというわけではないです。サポートしていただいている企業もさることながら、報道の方々にもお願いしたいのが、これは通過点であって、もっともっと上を目指すのなら、我々にも厳しいコメントをいただきたいし、そういう部分の中で我々が成長したい」

 かつて福士加代子を育てた永山コーチ。異例の提言は続く。

「日本陸連の強化の方々にもお願いしたいのですが、世界で戦うためのトレーニングはどういうことをやっているのかとか、具体的なものを我々に開示していただきたいですし、その中で我々は目標を高くして取り組むべきじゃないかなと思います。ナショナルチーム戦略とよく言いますが、その戦略が全くなく、日の丸をつけて五輪に行っても……。日本の長距離が世界で戦うには、本当に心して取り組まないとそこには行けないんじゃないかなと思っています」

 一方、自身については「五輪に連れていくところまでは、なんとかできます。ただ、五輪で戦うことになると、私は8位が最高。まだまだスキルがない」と強調した。来月で64歳。「僕も引退する年ですが、まだまだ勉強しないといけない」と自戒の念を込めた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集