[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、ぶっつけ本番の160km連発が海を渡る 米ファン仰天「この子は期待を超えてしまう」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が、14日に行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦に先発し、ソフトバンク相手に3回をパーフェクト投球。27日ぶりの投球で最速162キロを記録するなどの怪物ぶりをみせた。快投は海を越え、米国からも「惑星最高の投手」「彼はマジですごい」などと反応が寄せられている。

WBC日本代表としても活躍したロッテ・佐々木朗希【写真:Getty Images】
WBC日本代表としても活躍したロッテ・佐々木朗希【写真:Getty Images】

27日ぶりの登板で佐々木朗希が見せた驚愕のパフォーマンス

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が、14日に行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦に先発し、ソフトバンク相手に3回をパーフェクト投球。27日ぶりの投球で最速162キロを記録するなどの怪物ぶりをみせた。快投は海を越え、米国からも「惑星最高の投手」「彼はマジですごい」などと反応が寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


「ピッチング・ニンジャ」として知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏は、自身のX(旧ツイッター)で佐々木の投球を紹介。強打者・柳田に対して投じた99マイル(約159.3キロ)の剛速球と91マイルのスプリット(同146.5キロ)を重ね合わせた動画を投稿した。

 柳田に対してはスプリット3球で空振りを奪い奪三振。ぶっつけ本番で160キロも連発したが、この日の投球に米ファンからも驚きのコメントが殺到していた。

「惑星最高の投手」
「地球上で最も才能ある投手の何位にササキを入れる? 3位より下に入れることができるかどうか分からない」
「ロウキ・ササキは11月3日に22歳になる(驚き)」
「信じられない。彼はすぐにヤンキースやレッドソックス、メッツ、ドジャースといった人気球団に行くだろう」
「えぐい」
「この子は特別になる。そして期待を超えてしまう」
「彼はマジで凄い」

 また「将来のツインズ」「君はフィリーズの一員だ」「カージナルスへ」「彼はメッツの一員だ」などと、メジャー各球団のファンが早くもひいきチームへの加入を熱望するひと幕もあった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集