[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロが「物議醸す引き分け終了」 地元局がっくり、希望する井上戦へ「ブースト」狙うも不発

ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者の小國以載(角海老宝石)と元世界3階級制覇王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が12日、東京・有明アリーナで同級ノンタイトル10回戦を戦い、偶然のバッティングにより4回27秒で負傷判定ドローとなった。フィリピン地元放送局は「物議を醸す引き分けに甘んじた」「日本のスーパースター、ナオヤ・イノウエとの対戦可能性にブーストをかけるはずだった」などと落胆気味に報じた。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

小國以載とのノンタイトル戦は4回27秒で負傷引き分けに

 ボクシングの元IBF世界スーパーバンタム級王者の小國以載(角海老宝石)と元世界3階級制覇王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が12日、東京・有明アリーナで同級ノンタイトル10回戦を戦い、偶然のバッティングにより4回27秒で負傷判定ドローとなった。フィリピン地元放送局は「物議を醸す引き分けに甘んじた」「日本のスーパースター、ナオヤ・イノウエとの対戦可能性にブーストをかけるはずだった」などと落胆気味に報じた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 偶然のバッティングで小國が頭部を負傷し、元王者対決は突然の終わりを迎えた。フィリピン地元放送局「ABS-CBSニュース」は「カシメロは日本デビュー戦でテクニカルドローに甘んじる」と題して報道。「元世界王者のジョンリエル・カシメロは日本でのデビュー戦で物議を醸す引き分けに甘んじた」と切り出した。

 3回までの判定はジャッジ2人が29-28でカシメロを、1人が29-28で小國を支持。「しかし、このファイトは4ラウンド以降まで進まなかったため、スコアは関係なかった」と有利に進めていた試合が引き分けに終わったことを伝えた。

 WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者の井上尚弥(大橋)との対戦を以前から熱望していたカシメロ。記事では「カシメロの日本での初戦だったこの試合は、日本のスーパースター、ナオヤ・イノウエとの対戦可能性にブーストをかけるはずだった」とこの試合が持っていた意味を強調。無念の負傷引き分けに終わったことで、追い風を吹かせることはできなかった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集