[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19mロングパット沈めた稲見萌寧が-6首位発進 今季未勝利の不振脱却へ「ストローク改造」が奏功

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは13日に千葉・東急セブンハンドレッドC(6697ヤード、パー72)で開幕し、初日は稲見萌寧(Rakuten)が7バーディー、1ボギーの66で回り、岩井千怜、イ・ミニョン、阿部未悠と並んで6アンダーで首位発進した。今季は大崩れこそ少ないものの、優勝はゼロと波に乗り切れない戦いが続く中で、超ロングパットが決まってスコアを伸ばす幸先のいいスタート。「ストロークを改造しました」という修正が結果につながった。

富士通レディース初日をプレーする稲見萌寧【写真:Getty Images】
富士通レディース初日をプレーする稲見萌寧【写真:Getty Images】

富士通レディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは13日に千葉・東急セブンハンドレッドC(6697ヤード、パー72)で開幕し、初日は稲見萌寧(Rakuten)が7バーディー、1ボギーの66で回り、岩井千怜、イ・ミニョン、阿部未悠と並んで6アンダーで首位発進した。今季は大崩れこそ少ないものの、優勝はゼロと波に乗り切れない戦いが続く中で、超ロングパットが決まってスコアを伸ばす幸先のいいスタート。「ストロークを改造しました」という修正が結果につながった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ハイライトは前半にやってきた。稲見は6番パー4で2打目をグリーンに乗せたものの、ピンまでは19メートル。思い切って「真っすぐ」打ったパットは「出だしフックで、スライスして、フックして、スライスで入りました」と右に左に曲がりながらカップに吸い込まれた。「まぐれっぽい感じですけど入りました。カップに近づくにつれて、カップの方に行ってたので、あっ入るって」と振り返った。

 今季は開幕戦のダイキンオーキッドレディスで2位、3戦目のTポイント×ENEOSで3位と好発進したものの、5戦目からの9試合で予選落ち6回、途中棄権1回と絶不調に陥った。その後は14試合連続予選通過とやや持ち直したものの、優勝争いに絡むことはできていない。

 なんとか復調のきっかけをつかもうと、今大会前にエースパターに戻してテコ入れ。「ストロークは改造しました。フェースの動きを真っ直ぐだったので、開閉するように意識しました。ミスが左に行っていたので、どこを修正するかという感じです」と納得して臨んだことが功を奏した。

「初日はいいスタートを切れるようになってきた」というように、最近出場した6試合中、5試合は初日60台でのラウンド。2日目以降に伸ばし切れない戦いが続いているだけに「そこからもう1ランク上に行けるように、ちゃんとピンを狙い続けて、スコア出せるように頑張りたいです」と意図を明確にしたプレーで躍進を誓った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集