[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国陸上選手が明らかなフライングも猛抗議→再出走で失格 のちに謝罪「失敗を認め、やり直す」【アジア大会】

16日間にわたって中国で開催された杭州アジア大会は8日に閉幕。日本は今大会で金メダル52個を含む188個のメダルを獲得した。期間中に生まれた各国の選手による友情の名場面や、思わず驚く衝撃の光景まで様々なシーンを振り返る。今回は大会中に生まれたハプニング。競泳のまさかのフライングなどが話題になった。

アジア大会女子100メートル障害で走るインドのジョティ・ヤラジ(右)【写真:ロイター】
アジア大会女子100メートル障害で走るインドのジョティ・ヤラジ(右)【写真:ロイター】

アジア大会の様々なシーンを回顧

 16日間にわたって中国で開催された杭州アジア大会は8日に閉幕。日本は今大会で金メダル52個を含む188個のメダルを獲得した。期間中に生まれた各国の選手による友情の名場面や、思わず驚く衝撃の光景まで様々なシーンを振り返る。今回は大会中に生まれたハプニング。競泳のまさかのフライングなどが話題になった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 競泳では超異例のフライングが起きた。9月29日に行われた女子4×100メートルメドレーリレー予選。金メダル本命の女王・中国の背泳ぎ第1泳者がリアクションタイム0秒16という大幅なフライングで失格に。今大会、TBSで解説を務めている元日本代表・萩原智子さんも自身のX(旧ツイッター)で「こんなことが起こるんだ…と驚きました。私の競泳人生で背泳ぎのスタートのフライングは初めて見ました」と投稿するほどだった。

 萩原さんは「失格した汪雪児選手のメンタルが心配ですね。トラウマになって、今後、イップスのような状況にならないと良いですが…」と思いやり、中国のSNSや現地メディアの記事に対するファンのコメントでは擁護や心配の声もあがった。

 陸上女子100メートル障害決勝では、不正スタートを巡り騒動が起きた。中国のウー・ヤニが号砲より早く飛び出し、連れて隣のレーンのジョティ・ヤラジ(インド)も飛び出した。ウーとともにヤラジにレッドカードが出され、2人は猛抗議。長い協議の末に出走が認められ、ウーは2着、ヤラジは3着でゴールした。ただ、レース後にウーは失格となり、ヤラジは繰り上がって銀メダルとなった。

 地元メディアによるとウーは試合後に謝罪。ヤラジへ「彼女には本当に申し訳なかったです」と語り、「自分に重いプレッシャーをかけすぎて、結局つぶれてしまいました。ただ、負けません。スポーツを通して、どこかで転んだら、そこで立ち上がり、失敗を認め、失敗を正視し、やり直すことを学びました」と再起も誓ったという。

 廣中璃梨佳が銀メダルを獲得した女子1万メートル決勝では、上位を走っていたB.E.レビトゥ(バーレーン)が7400メートル手前で転倒。棄権するハプニングがあった。接触はなかったとみられ、一度は立ち上がって走り始めたものの、担架もトラックに運び込まれた。廣中は「思ったより湿度が高くて、給水を取る回数が後半にかけて何度も増えた」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集