[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • バレー男子日本、伊メディアがスーパー18歳を最注目選手に指名「日本に衝撃与えた」

バレー男子日本、伊メディアがスーパー18歳を最注目選手に指名「日本に衝撃与えた」

バレーボール男子の世界選手権(イタリア・ブルガリア共催)が9日から幕を開ける。世界ランク12位の日本について、開催国で1次リーグで激突する世界ランク4位イタリアの母国メディア「OAスポーツ」が紹介。石川祐希(エマ・ビラ・シエナ)、柳田将洋(クプルム・ルビン)のWエースではない“第3の男”を最注目選手に挙げている。

イタリアメディアは柳田将洋(左)や石川祐希に続く“第3の男”に注目している【写真:Getty Images】
イタリアメディアは柳田将洋(左)や石川祐希に続く“第3の男”に注目している【写真:Getty Images】

世界選手権開催国イタリアが日本を紹介、最注目選手は18歳アタッカー西田有志

 バレーボール男子の世界選手権(イタリア・ブルガリア共催)が9日から幕を開ける。世界ランク12位の日本について、開催国で1次リーグで激突する世界ランク4位イタリアの母国メディア「OAスポーツ」が紹介。石川祐希(エマ・ビラ・シエナ)、柳田将洋(クプルム・ルビン)のWエースではない“第3の男”を最注目選手に挙げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 記事では日本と初戦で当たることを紹介した上で「日本は2020年東京五輪へ向けて入念な準備をしているだろう。監督のユウイチ・ナカガイチはまだ若いが、試合というものをよく知っている。日本チームは速く攻撃的な試合展開、よく働く守備と典型的なアジアのスタイルである」と就任2年目となった中垣内ジャパンを警戒している。

 日本では石川&柳田というWエースを擁するが、特集では“第3の男”を最注目選手に挙げている。「注目選手は、最も若い2000年生まれのユウジ・ニシダである」と西田有志(ジェイテクト)を指名。「オポジットのニシダは日本国内リーグに光をもたらし、衝撃をも与えたのである」と記し、スーパー18歳のサウスポーを高く評価している。

 柳田と石川についても「キャプテンでもあるマサヒロ・ヤナギダは高い質が保証されている選手だ。同じく高レベルで、鉄槌の攻撃を持つのはユウキ・イシカワだが、我々は彼を良く知っている。ユウキはイタリアリーグのラティーナの元選手であり、10月からはシエナでプレーする」とも記し、注目度の高さが伺える。

 東京五輪に向けても試金石となる大会。全日本は貴重な経験を積み、2年後に向け、収穫を得られるか。注目の戦いとなる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー