[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国選手が“油断”でV逸 ゴール前で万歳→0.01秒差負けにメディア猛批判「最も恥ずかしい銀メダル」

中国・杭州で行われているアジア大会のローラースケート男子で、韓国代表が見せた“油断”が激しく批判されている。1日に行われた3000メートルリレー決勝、ゴール前で勝利を確信したアンカーが両手を上げてガッツポーズする間に、すぐ後ろを追っていた台湾選手が思いきり足を伸ばしゴールへ。0.01秒差で金メダルを失い、韓国メディアから「もっとも恥ずかしい銀メダル」などと報じられている。

アジア大会のローラースケート(写真はイメージです)【写真:ロイター】
アジア大会のローラースケート(写真はイメージです)【写真:ロイター】

杭州アジア大会のローラースケート男子で珍事

 中国・杭州で行われているアジア大会のローラースケート男子で、韓国代表が見せた“油断”が激しく批判されている。1日に行われた3000メートルリレー決勝、ゴール前で勝利を確信したアンカーが両手を上げてガッツポーズする間に、すぐ後ろを追っていた台湾選手が思いきり足を伸ばしゴールへ。0.01秒差で金メダルを失い、韓国メディアから「もっとも恥ずかしい銀メダル」などと報じられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 韓国紙「韓国日報」は「早すぎる優勝セレモニー…銀メダルが残念な理由」と題して報じた。「喜ぶのが早すぎて、金メダルを逃した。あまりにも残念な瞬間だった」として状況を伝えている。

 同紙によると、韓国の最終走者のチョン・チョルウォンは「決勝線のすぐ前で勝利を予感し、両腕を持ち上げていわゆる『万歳セレモニー』を繰り広げたが、後ろにいた台湾選手が最後まであきらめずに左足を出した」。その結果、台湾のタイムは4分5秒692、韓国のタイムは4分5秒702と、わずか0.01秒差でメダルが入れ替わった。

 ゴールし、優勝を確信していた韓国の選手は国旗を振って喜びを表そうとしたが、競技結果が表示されると意外そうな表情に。記事では、選手たちはミックスゾーンでの記者の声かけにも応えず、泣きながら競技場を出た、と報じられている。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集