[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上の不正スタート疑惑、中国選手の巻き添え食ったインド選手が猛抗議で銀「権利のために戦うのは重要」

中国・杭州で行われているアジア大会の陸上で、不正スタートを巡る騒動が起きている。1日に行われた女子100メートル障害決勝で、中国とインドの選手がフライングを犯したもののそのままレースを走り、2着と3着で入線した。しかしインド陸連の抗議により中国選手だけが失格。インド選手が繰り上がりで銀メダルとなった。インドのメディア「ヒンドスタン・タイムズ」で、インド側関係者が主張の内容を明らかにしている。

女子100メートル障害に出場したインドのジョティ・ヤラジ【写真:ロイター】
女子100メートル障害に出場したインドのジョティ・ヤラジ【写真:ロイター】

広州アジア大会・女子100メートル障害決勝で事件発生

 中国・杭州で行われているアジア大会の陸上で、不正スタートを巡る騒動が起きている。1日に行われた女子100メートル障害決勝で、中国とインドの選手がフライングを犯したもののそのままレースを走り、2着と3着で入線した。しかしインド陸連の抗議により中国選手だけが失格。インド選手が繰り上がりで銀メダルとなった。インドのメディア「ヒンドスタン・タイムズ」で、インド側関係者が主張の内容を明らかにしている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 レースでは、4レーンの呉艶&#x59AE(ウー・ヤニ=中国)がピストルより先に飛び出し、つられる形で5レーンのジョティ・ヤラジ(インド)も前に出た。2人にレッドカードが出され、一旦は2人の出走が認められた。ただレース後に2着入線の呉だけが失格となり、3着だったヤラジが繰り上がって銀メダルに。4着だった日本の田中佑美(富士通)も銅メダルに繰り上がった。

 記事は「中国の呉艶&#x59AEがフライングで失格になった後、審判はインド人選手も失格にしようとしたが、賢明な判断が下された」という見出しで伝えている。「中国の呉艶&#x59AEが、号砲が鳴る前にスタートしたため失格となった。呉艶&#x59AEはこの判定を素直に受け止めたようで、スタンドに手を振りながら静かに後ずさりした」とフライング当時の状況を伝えている。

 問題はここからだ。「ドラマはその直後、審判団がヤラジも失格にしようとしたことから始まった。目に見えて不満げで、困惑し、興奮したインド選手はモニターに向かい、審判団と議論を始めた。レースは10分以上中断されたままとなり、レース後に両選手の失格が決定された」のだという。“道連れ”にされそうになったヤラジの必死な様子を伝えている。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集