[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ソフトボール日本、中国下してアジア大会6連覇! 41歳上野由岐子が好救援「ホッとしているのが一番」

中国で開催されている杭州アジア大会は2日、女子ソフトボール決勝で日本が4-0で開催国・中国を破り、前人未到の大会6連覇を達成した。そのすべてに出場してきた上野由岐子(ビックカメラ高崎)は5回のピンチでリリーフ登板。見事切り抜けると、試合終了まで投げ切った。2回1/3を2安打無失点、6奪三振の好救援。自身6個目の金メダル獲得となり、41歳が歓喜の輪の中心になった。

上野由岐子【写真:Getty Images】
上野由岐子【写真:Getty Images】

杭州アジア大会、内藤2ラン&先発・後藤も好投

 中国で開催されている杭州アジア大会は2日、女子ソフトボール決勝で日本が4-0で開催国・中国を破り、前人未到の大会6連覇を達成した。そのすべてに出場してきた上野由岐子(ビックカメラ高崎)は5回のピンチでリリーフ登板。見事切り抜けると、試合終了まで投げ切った。2回1/3を2安打無失点、6奪三振の好救援。自身6個目の金メダル獲得となり、41歳が歓喜の輪の中心になった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 日本が2002年の釜山大会から続く連覇を6に伸ばした。初回、4番の内藤実穂が豪快な中越え2ランを放って先制。その後は引き締まった試合展開となった。金メダルに輝いた東京五輪でも好投した22歳左腕・後藤希友がこの日も快投。4回までスコアボードに「0」を並べ、8つの三振を奪ったが、2点リードの5回に2死一、二塁のピンチを迎えた。

 中国ファンが多数集まった球場は盛り上がるが、ここでベテランの上野がリリーフ登板。カウント2-2から最後はチェンジアップで見逃し三振に斬って取り、逆転ムードを一瞬で消し去った。上野は6回も続投。先頭打者の4番レン・ミンに右前打を許すが、後続を2者連続三振に仕留め、2死からは強烈な打球を二塁手・川畑瞳が倒れこみながらも好捕。バックも上野を盛り立てた。

 日本はその裏、1死一、三塁の好機で原田のどかが左前タイムリー。さらに一、三塁からダブルスチールが成功して4点目を奪った。最後も上野がマウンドに上がり、先頭打者を空振り三振。1死から左前打を打たれたが、動じずライズボールで空振り三振に仕留め、最後も三振斬り。優勝が決まり、マウンド付近にできた歓喜の輪の中心になった。

 上野は試合後のインタビューで「結果としてはホッとしているのが一番ですが、6大会に参加できたことにいろいろ感謝だなと思います」と感慨深げ。マウンドに上がった時については「ランナー背負っているケースはとにかく力まないこと。自分のボールを信じて、丁寧にコントロールミスをしないことを意識している。上手に抑えられてよかった」と振り返った。

 これで日本は02年の釜山大会からアジア大会6連覇を達成。上野は全てに出場しており、6つ目の金メダルとなった。五輪では04年アテネで銅、08年北京、21年東京で金と3つのメダルを獲得している。41歳でも未だ存在感抜群の右腕がまた一つ勲章を手にした。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集