[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

明らかなフライングも猛抗議→再出走で失格、中国陸上選手が謝罪「失敗を認め、正視しやり直す」【アジア大会】

1日に行われた杭州アジア大会の陸上女子100メートル障害決勝で、不正スタートを巡り騒動が起きた。中国人選手とインド人選手がフライングとなったものの、レースを走り、それぞれ2着と3着で入線した。しかし、インド陸連側の抗議により、中国人選手だけが失格となり、インド人選手は繰り上がりで銀メダルとなった。中国メディアは、失格となった呉艶妮(ウー・ヤニ)の謝罪コメントを伝えている。

女子100メートル障害、フライングについての協議を待つウー・ヤニ【写真:ロイター】
女子100メートル障害、フライングについての協議を待つウー・ヤニ【写真:ロイター】

女子100メートル障害決勝で思わぬハプニング

 1日に行われた杭州アジア大会の陸上女子100メートル障害決勝で、不正スタートを巡り騒動が起きた。中国人選手とインド人選手がフライングとなったものの、レースを走り、それぞれ2着と3着で入線した。しかし、インド陸連側の抗議により、中国人選手だけが失格となり、インド人選手は繰り上がりで銀メダルとなった。中国メディアは、失格となった呉艶妮(ウー・ヤニ)の謝罪コメントを伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 スタート位置についた4レーンの呉が号砲より早く飛び出し、連れて5レーンのジョティ・ヤラジ(インド)も飛び出した。呉とともにヤラジにレッドカードが出され、2人は猛抗議。長い協議の末に出走が認められ、呉は2着、ヤラジは3着でゴールした。ただ、レース後に呉は失格となり、ヤラジは繰り上がって銀メダルとなった。

 インド紙「ヒンドゥスタン・タイムズ」によると、ヤラジは抗議の際に「フライングをしたのは呉だ」と主張。映像で検証した結果、呉が早いスタートを切り、ヤラジはそれに反応しただけと認められたため、長い協議の末に出走が認められた。レース後はインド陸連側が呉の失格を求める抗議を行い、最終的にヤラジが繰り上がったという。

 中国紙「北京日報」は「呉が深夜に謝罪のコメント『本当に申し訳ありませんでした!』」とのタイトルで記事を掲載。呉の言葉を伝えた。

 呉は期待してくれたファンや友人、同組で走った選手に向け「本当に申し訳ありませんでした。審判団の最終的決定を尊重し、規則、試合を尊重するとともに、試合を終えたチームメイトやライバルにはお祝いの言葉を贈ります」とした。

 フライングについては「私のスタートの技術は改善が必要ですし、心の持ち方も改めて調整する必要があります。この試合で勝ちたいという気持ちがとても強くて、近くにいたインドの選手に対する誤審まで招いてしまって、彼女には本当に申し訳なかったです」とし、ヤラジへ謝罪。「自分に重いプレッシャーをかけすぎて、結局つぶれてしまいました。ただ、負けません。スポーツを通して、どこかで転んだら、そこで立ち上がり、失敗を認め、失敗を正視し、やり直すことを学びました」と再起も誓った。

 4着だった日本の田中佑美が銅メダルに繰り上がり、日本の陸上ファンにも驚きの出来事になった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集