[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北朝鮮サッカー選手の水強奪行為、日本戦での蛮行を韓国紙が猛批判「なかなか見られない非常識」

中国・杭州で行われているアジア大会で、北朝鮮サッカー選手の行動が批判を浴びている。1日に行われた日本との準々決勝に1-2で敗れると、試合終了直後に複数の選手が審判に詰め寄って小突き、威嚇するかのような行動を見せた。また試合中には、日本のスタッフに拳を振り上げ、水ボトルを奪う蛮行。これに韓国紙「スポーツトゥデイ」が「サッカーの試合ではまず見られない非常識な行動」と断じた。

アジア大会に出場中の男子サッカー日本代表【写真:Getty Images】
アジア大会に出場中の男子サッカー日本代表【写真:Getty Images】

杭州アジア大会男子サッカー準々決勝

 中国・杭州で行われているアジア大会で、北朝鮮サッカー選手の行動が批判を浴びている。1日に行われた日本との準々決勝に1-2で敗れると、試合終了直後に複数の選手が審判に詰め寄って小突き、威嚇するかのような行動を見せた。また試合中には、日本のスタッフに拳を振り上げ、水ボトルを奪う蛮行。これに韓国紙「スポーツトゥデイ」が「サッカーの試合ではまず見られない非常識な行動」と断じた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 この試合は1-1で迎えた後半33分、日本が得たPKをMF松村優太(鹿島)が決めて決勝点となった。北朝鮮の選手は反則ではないと抗議したものの、判定は変わらなかった。同紙は「問題は試合後の北朝鮮選手の行動だった」として、物議を醸している場面を伝えている。

「北朝鮮選手たちは終了のホイッスルが鳴ったあと審判に突進し、判定に対して強く抗議した。判定に不満を抱いた選手が、試合後審判に抗議する姿はしばしば見られるが、この日の北朝鮮選手の抗議は度を超えていた」

 審判が選手たちから離れようとしても、執拗に抗議を続けたという。スタッフが無理やり引きはがして審判団の安全を確保したほどだった。

 さらに試合中には後半27分すぎ、プレーが止まっている状況で北朝鮮のDFキム・ユソンが日本のスタッフから水のボトルをひったくるようにして飲んだ場面もあった。同紙はこの行動を、厳しい言葉で糾弾する。

「日本のスタッフを殴ろうとする動作を取り、スタッフは驚いた。この場面を見た審判はキム・ユソンに警告を出した。サッカーの試合ではなかなか見られない非常識な場面だった」

 記事は「北朝鮮の男子チームは競技結果はもちろん、マナーでも非常に残念な姿を見せて杭州を離れることになった」と締めくくられている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集