[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上中国選手が不正スタート疑惑 猛抗議で出走→失格の顛末、インド陸連が「抗議して勝利した」【アジア大会】

女子100メートル障害決勝。スタート位置についた4レーンの呉艶妮(ウー・ヤニ、中国)が号砲より早く飛び出し、連れて5レーンのジョティ・ヤラジ(インド)も飛び出した。呉とともにヤラジにレッドカードが出され、2人は猛抗議。長い協議の末に出走が認められ、呉は2着、ヤラジは3着でゴールした。ただ、レース後に呉は失格となり、ヤラジは繰り上がって銀メダルとなった。

女子100メートル障害に出場したジョティ・ヤラジ(右)【写真:ロイター】
女子100メートル障害に出場したジョティ・ヤラジ(右)【写真:ロイター】

女子100メートル障害決勝で思わぬハプニング

 女子100メートル障害決勝。スタート位置についた4レーンの呉艶妮(ウー・ヤニ、中国)が号砲より早く飛び出し、連れて5レーンのジョティ・ヤラジ(インド)も飛び出した。呉とともにヤラジにレッドカードが出され、2人は猛抗議。長い協議の末に出走が認められ、呉は2着、ヤラジは3着でゴールした。ただ、レース後に呉は失格となり、ヤラジは繰り上がって銀メダルとなった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 事の顛末をインド紙「ヒンドゥスタン・タイムズ」が「アジア大会でジョティ・ヤラジの銅メダルが、物議を醸したレース後に銀メダルにアップグレードされた理由」と題して報じた。「女子100メートル障害ハードルでは、中国の呉艶妮がスタートで早いスタートを切り、ドラマが起きた」と報じた記事によると、ヤラジは抗議した際に「フライングをしたのは呉艶妮だ」と主張したという。

 映像で検証した結果、呉が早いスタートを切り、ヤラジはそれに反応しただけと認められたため、長い協議の末に出走が認められた。そして、レース後はインド陸連側が呉の失格を求める抗議を行い、最終的にヤラジが繰り上がったという。

 元走り幅跳び選手でインド陸連のアンジュ・ボビー・ジョージ副会長は「ルールではフォルススタートの場合、先に地面を離れた者が失格となる。ジョティ(ヤラジ)の手はまだ地面についていたが、中国の選手はすでに一歩半ほど先を行っていた」と根拠を説明。「レースが再開される前から抗議を申し立て、抗議を申し立てるために義務付けられている100ドルの手数料を支払い、勝利した。ジョティのメダルは銀メダルにアップグレードされた」と語ったという。

 その影響で4着だった日本の田中佑美も銅メダルに繰り上がり。日本の陸上ファンにとっても驚きの出来事になった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集