[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子まで北朝鮮サッカーが悪質プレー連発 韓国選手が告発「あまりにマナー欠如」「審判も懲戒を」

中国・杭州で行われているアジア大会で、北朝鮮のサッカーチームの行動が物議を醸している。日本との準々決勝で敗れた際に、日本の治療スタッフや審判への“威嚇”を見せた男子だけではなく、女子チームも韓国戦でラフプレーを連発。これに韓国選手から悲鳴が上がっている。

北朝鮮の女子サッカーチーム【写真:ロイター】
北朝鮮の女子サッカーチーム【写真:ロイター】

杭州アジア大会で南北対決…韓国メディア伝える

 中国・杭州で行われているアジア大会で、北朝鮮のサッカーチームの行動が物議を醸している。日本との準々決勝で敗れた際に、日本の治療スタッフや審判への“威嚇”を見せた男子だけではなく、女子チームも韓国戦でラフプレーを連発。これに韓国選手から悲鳴が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 韓国紙「毎日経済」が伝えたもの。9月30日に行われた準々決勝で、韓国は北朝鮮に1-4で敗れた。前半は1-1で終えたものの、FWソン・ファヨンの退場が響き、10人で戦った後半に3失点を許した。この過程では、北朝鮮の荒いタックルがもとで何度も試合が中断、両チームがもみ合いになるほどだったという。

 同紙によれば韓国MFのチ・ソヨンは「今日の試合は本当に、審判の能力と資質を疑うほどの試合だった」「サッカーをしてきて、このように不公正な試合は初めてだった」と言い切っている。

「ビデオ判定(VAR)があったら、退場になるほどのタックルを私も受けた」と北朝鮮のラフプレーを告発。「私も理性を失うかのような試合だった」「審判も懲戒されなければならない」としている。

 北朝鮮のプレーに対しても、ストレスがたまっているようだ。「北朝鮮とはまたすぐに試合があり、よりよい雰囲気に持っていきたかったが難しい試合だった。プレーだけでなく、あまりにもマナーがないのでとても大変だった」「次の対戦では、今日とは違った様相でなければいけない」と続けている。

 韓国は10月26日から行われるパリ五輪の2次予選で、北朝鮮と同じグループBに入っている。次はどんな展開になるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集