[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、大胆デザインのあざと可愛いウェアで最終日を戦った理由「過去のことはもういいわと」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。優勝会見では、オシャレな原らしくウェアへのこだわりも明かした。

日本女子オープンで優勝した原英莉花、ウェアの胸元のデザインが「かわいい」と語った【写真:Getty Images】
日本女子オープンで優勝した原英莉花、ウェアの胸元のデザインが「かわいい」と語った【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子オープン

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。優勝会見では、オシャレな原らしくウェアへのこだわりも明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 21年11月21日の大王製紙エリエールレディス以来、ツアー通算5勝目を自身3度目のメジャー制覇で飾った原。オシャレなウェアでも注目を浴びた。初日のトップスはピンクで、キャミソールに襟付きの半袖ボレロを重ねたようなデコルテオープンのデザイン。肌見せでちょうどネックレスのエンドパーツが際立つ着こなしだった。

 ネット上では「びっくりするほど大胆なデザインでゴルフ同様攻めてる」「ウェア可愛すぎるやんけ」「あざとすぎてちょっと面白い」「キューティーハニーみたいなウェア」と魅了された様子の声が上がっていたが、優勝の懸かった最終日は初日の色違い。ブラックのウェアで戦っていた。

 優勝会見でウェアについて尋ねられると「動きやすい。(胸元の)間が空いてるので、かわいいですよね」と語った。ウェアを選んだ理由については「初日は明るい気持ちで行きたくて、ピンク。今日は本当は(勝負服の)ネイビーに白で行きたかったけれど、過去のことは『もういいわ』と思って(笑)。新しくテンションの上がるウェアで行こうと思った」と明かしていた。

 原は渋野日向子、畑岡奈紗らと同じ1998年度生まれの“黄金世代”。腰痛に苦しみ、21年の大王製紙エリエールレディスで通算4勝目を挙げてからは優勝から遠ざかっていた。今年5月には腰のヘルニア摘出手術を受け、復帰後は新たな気持ちでプレー。久々の優勝を、メジャー大会で掴んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集