[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大会公式が錦織復活への道を特集「決勝進出から4年、信じるのが難しいだろう」

大会公式が錦織復活への道を特集「決勝進出から4年、信じるのが難しいだろう」

テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が4回戦に駒を進めた。大会公式サイトは「2014年のファイナリストが16強へ進出した」と錦織の戦いぶりをレポートしている。

16強入りを決めた錦織圭【写真:Getty Images】
16強入りを決めた錦織圭【写真:Getty Images】

2年ぶりの4回戦進出、大会公式は錦織の復活ロードに注目

 テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は6-4、6-4、5-7、6-1で同13位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)に勝利。4回戦に駒を進めた。ATPツアーは公式ツイッターで、まるで侍のように佇む1枚の画像を公開。錦織なりの集中力の高め方が、海外ファンの間で「おおブッダ!!」などと話題を集めていたが、全米オープン公式サイトは「2014年のファイナリストが16強へ進出した」と錦織の戦いぶりをレポートしている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 世界ランクで上回る、27歳のシュウォーツマンを破り、2016年以来2年ぶりに4回戦に進んだ錦織。6本のサービスエース。相手(25本)の倍近い、49本のウィナーを決めるなど試合を優位に進め、3時間18分の激闘を制した。

 大会公式サイトも「14年のファイナリスト、ケイ・ニシコリがシュウォーツマンを打ち破る」とタイトル付けし、日本のエースのプレーを振り返っている。

「2014年の全米オープン準優勝、ケイ・ニシコリがアルゼンチン出身のディエゴ・シュウォーツマンを破り、16強へ進出した」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー